ベトナムの民族衣装アオザイに合わせる靴とカバンは○○がおススメ!

この記事は約 4 分で読めます。

ベトナムに来たら、一度は着てみたいのが民族衣装である『アオザイ』。しかし、そこで悩むのが、アオザイ着た時に履く靴とカバン!筆者が実際にベトナム人の履物を見てきた感じだと正直何を履いても大丈夫な様です。スニーカーを履いている人もいました。
ただ、綺麗に見せたいのであれば、ヒールが高いものを履くとすらっと見えるので、おススメです。

ハイヒール

ハイヒール特に色の指定は無いのですが、黒か白のハイヒールを履いている女性が多いです。

ハイヒール (2)こちらのハイヒールは、ヒールの赤とスパンコールが、ベトナム人女性達から好評です。ちなみに筆者は、身長が165cmとベトナム人男性の平均身長(162cm)よりも高いので、このハイヒールを履くと職場の男性陣たちが隣に立ってくれません(涙)

ちなみにこちらのハイヒールは、『Indochina Plaza Hà Nội』の横の市場で購入しました。
市場市場は、朝から昼過ぎまでは野菜が売られており、大体夕方16時過ぎになると洋服や靴などが並び始めます。

サンダル

サンダル夏場であれば、サンダルでも全く問題ありません。靴屋こちらのサンダルは『Indochina Plaza Hà Nội』内、入り口入ってすぐにあるCarloRinoにて購入しました。

Indochina Plaza Hà Nội
住所:241 Xuân Thủy,Dịch Vọng Hậu, Cầu Giấy,Hà Nội
Indochina Plaza HP:http://www.indochinaplazahanoi.com/shopping-center/mallguide/
CarloRino HP:http://www.carlorino.net/
CarloRino Facebook:https://www.facebook.com/carlorino.net/

サンダル足元を華やかに、そしてベトナムらしさを取り入れたい場合には、ビーズ細工のサンダルもおススメです。サンダルこちらのサンダルはH.I.S.ホーチミン支店で購入しましたが、ハノイ支店でも購入が可能です。
230,000VND(≒1,088円2016年06月現在)

★H.I.S.ホーチミン支店
住所:MF, 233 Đồng Khởi,Bến Nghé,Hồ Chí Minh
マリア大教会からドンコイ通り右側を徒歩約1分、BAO VIETビル 中二階Mフロア
電話番号:028-3939-0800
営業時間:9:00 ~ 18:00(年中無休)
Homepage:http://www.his-j.com/tyo/tour/vietnam/lounge.html
詳細ページ:http://activities.his-j.com/TourLeaf/SGN0093.htm

★SKYhubハノイ支店
住所: 25 Lý Thường Kiệt, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội
電話:+84 24 3923 3370

カバン

カバンも、靴同様とくに決まりはなく、色々なカバンをもっている人が多いです。筆者のおススメは、ベトナムらしさもあって可愛い、『T&T』のビーズ細工カバンです。
鞄『T&T』は、フランスのブランドが発注をかけているビーズ細工雑貨のハンドメイドを取り扱うお店です。日本の百貨店等でも取り扱われている商品があり、ハノイ在住日本人女性にとっても人気のあるお店です。見た目の可愛さはもちろんですが、お値段が日本の百貨店の10分の1程というのも魅力の1つです。

かばん2かなり細かいビーズ細工のカバンです。ベトナム人の器用さがよくわかります。

T&Tこちらがお店の入り口です。かなりローカルな通りにあります。

店内店内には、所狭しと商品が置かれています。

店内 (2)中には、「何このデザイン。。。」と言いたくなるような変なデザインもありますが、そこはベトナムなんでご愛嬌という事で、この中から掘り出し物の素敵な1点を探し出すというのも、なかなか燃えますよ!

T&T
住所:138 Âu Cơ,Tứ Liên,Tây Hồ,Hà Nội
電話番号:024 3829 3126

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2016年06月20日

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。