運が良くないと食べられない!?ホイアン幻の名物『ブンカレー』

この記事は約 3 分で読めます。

先月、筆者がホイアンに旅行で訪れた際、APTトラベルのHayakawaさんより、晴れている日しか屋台を出さず、朝7時45分には売り切れてしまうという幻のブンカレーがかなり美味しい!という情報を教えて頂きました。

ブンとは、フォーより細い米粉の麵です。

ブンカレーの場所

bun-curry場所は、ここら辺との事。(屋台の詳しい場所については、本記事下段参照)
旅行中、朝07時45分より前にお店に向かう!更に開いているかも運次第というのは、なかなか重い腰が上がらない人もいるかもしれませんが、筆者は通常05時起き、そして「絶対に食べられる!」という底知れぬ自信しかなかったので、教えて頂いた翌日に行ってみました!

屋台

翌朝教えてもらった場所に07時過ぎに行ってみると無事屋台が出ていました!
dsc05709こちらが幻のBun Cary(ブンカレー)の屋台です。
dsc05711もう1軒近くでブンカレーを出している屋台があるのですが、そちらの店より、こちらの方が断然美味しいそうです!皆さま行く際はお間違えの無い様にご注意ください!
dsc05712写真に写っているずん胴内のカレースープが無くなると、その日の営業は終了するそうです。

ブンカレー

img_2028こちらが、幻のブンカレーです!朝にカレーって、どうなんだろう?と思ったのですが、麺がブンなのでサクサク食べられました。二日酔いの朝とかに良さそうです。
ただ、お昼や夕食には物足りない感じなので、やっぱり朝売っていて正解だと思いました。img_2029カレーの風味はしっかりとだけど、そんなに辛くない美味しいスープにトロトロに煮込んだお肉とちょっと太めのブンがよくあって、とっても美味しかったです。

料金

旅行者には30,000VND(≒134円2016年09月現在)
スープの残り具合や、仲良くなると若干値下げしてくれるそうです。
ちなみに今回は25,000VND(≒111円2016年09月現在)でした!ちょっと安くなった(笑)

日曜日と菜食の日はお休み

ベトナムでは、毎月旧暦の1日(新月)と15日(満月)の日は肉を食べないという習慣があり、菜食の日となる為、ブンカレー屋さんもお休みするそうです。

お問い合わせは、APTトラベルまで

屋台の場所は、APTトラベル・ホイアン支店さんの近くなのですが、工事などによって若干場所が変わるので、どうしても食べたい方は前日にAPTトラベルHayakawaさんまでお問い合わせください。
親切丁寧に教えてもらえますよ!

旅ぷらAPTトラベル ホイアン
住所:42 Phan Chau Trinh, Hoi An City, Quang nam
電話番号:01217608731(日本人直通)
Homepage:http://www.aptjapan.com/
ブログ:http://tnkhoian.seesaa.net/

Hayakawaさん、良い情報をありがとうございました!またホイアンを訪れた際にはよろしくお願い致します。

おまけ

img_2440いつもは撮影する側なのですが、今回は一緒にダナン・ホイアンに行った友達に色々な写真を撮ってもらっていました。写真沢山とってくれてありがとう!

左からPhố Xưaでコムガーを食べているところ。Palmarosa Spaで足湯に浸かっているところ。Square oneでジャージャー麵を食べているところです。足湯は楽しそうですが、もう少し楽しそうに食事が出来るよう頑張りたいと思います!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2016年09月27日

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。