ディーン様の為に開発した特別なフォー「ディーンスペシャル」@小岩

突然ですが、ベトナム在住の皆さま、俳優のディーン・フジオカさんが、無類のベトナムフォー好きというのは勿論ご存知ですよね?
ベトナム在住者である筆者は、ディーン様がフォー好きなところから勝手に好感を抱いておりました。そんなディーン様がテレビの企画で開発した特別メニュー「ディーンスペシャル」がある!という事をたまたまネットサーフィン中に見つけ、「一時帰国中に行けたら良いなー」なんて思っていました。ただどうやら都内でもちょっと外れた行きづらい場所にあるお店の様だったので、行けるか不安に思いながらお店の情報を見ていたところ、なんと今回筆者が一時帰国中にAirbnb(民泊)でお部屋を借りた家の最寄り駅だったのです!!!!
そんな偶然ある!?と思われる方もいるかも知れませんが、「あーこれやりたいなー」と思った事が叶ってしまう筆者あるあるです(笑)
というわけで、最寄り駅だったので、早速「ディーンスペシャル」が食べられる「フォーおいしい」さんに行ってきました!

ベトナム料理店「フォーおいしい」

pho-oishi-3大きなお店ではありませんが、大通りに面しているので直ぐに見つかりました。勢い余って開店前についてしまったので、しばし表で待機していました。ヤル気十分です!
pho-oishi-1外にもメニューが貼りだされているので、待機中も色々楽しめました(笑)
pho-oishi-1817時の開店と共に店内に入り食事をしたのですが、その後続々とお客さんが来店し、筆者が帰るころには上の写真の通り満席でした!

店内

pho-oishi-4このなんとも言えない照明の色味がベトナムっぽく日本に居ながらハノイを思い出しました。
pho-oishi-5きっとベトナムから本帰国した人は「あー懐かしいなー」と思ってしまう店内だと思います。
pho-oishi-11この箸の感じやチリソースもベトナム感満載です。
pho-oishi-12

メニュー

pho-oishi-13ハノイでは、100円以下で買えるサイゴンビールや333(バーバーバー)が日本ではアサヒスーパードライよりも高級なのがなんだか不思議な気分でした。そして、お客さんが333を「サンサンサン下さい!」と注文していたのにも物凄く違和感を感じました。

pho-oishi-10

pho-oishi-9ベトナムではお馴染みのメニューが並びます。

pho-oishi-8

pho-oishi-7どれも美味しそうなのですが、今日のお目当てはもちろんこちら!

pho-oishi-6「ディーンスペシャル」です!!


ディーン様のインスタグラムにもこの通り「ディーンスペシャル」が登場しています。

ディーンスペシャル

pho-oishi-16注文してから数分で「ディーンスペシャル」が運ばれてきました。早い!

pho-oishi-15ディーン様こだわりの赤みが残った牛肉と背油たっぷりのスープです。
味の感想としては、ディーン様がテレビ番組でも言っていた通り牛肉が良いお肉を使っているようで、ハノイでは食べた事のない美味しさでした。
フォーの味は、日本で食べたフォー(数は多くありませんが)の中ではかなりベトナムのフォーらしい味だなと思いました。

ただ、日本の方には、「ここが頂点と思わないでください!是非本場の味を食べに来てください!!」と言いたくなってしまいました(笑)筆者のベトナム愛は留まるところを知りません(笑)

おまけ

筆者が来店した数日後にディーン様も再来店していたようです。日本の皆さんは通ったらディーン様に会えるかもしれませんね!

Phở Oishii – フォーおいしい
住所:東京都江戸川区西小岩4-14-20
電話番号:03-5693-9115
営業時間:11時~15時、17時~23時
定休日:月曜日
Homepage:http://pho1.top/
Facebook:https://www.facebook.com/phooishii1/

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2016年12月05日


※本コメント機能はFacebookによって提供されております。この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴4年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。