ハノイ市ホアビン省にあるDa Den寺&Va Bi国立公園へ日帰り旅行

皆様、ゴールデンウィーク明け、その後いかがお過ごしでしょうか?
筆者は、ベトナムの祝日も日本の祝日も全く関与しないお仕事なので、普通の平日としておりました。Facebookやインスタなどを見ると友達たちは皆、色々なところに遊びに行っていてとても楽しそうでした。
さて、そんな筆者ではありますが、少しでも連休気分を味わうため(?)週末にハノイ近郊にあるバ・ヴィ(Va Bi)に行ってきましたよ!

ハノイ在住筆者のお気に入り観光スポット『ソンタイ古城』


筆者のお気に入り『ソンタイ古城』があるSon Tay(ソンタイ)の近くです。

ハノイからバ・ヴィ(Va Bi)までの交通手段

バスの場合

・ハノイ西部Cau Giay(コーザイ)バスターミナルから、70番もしくは20B番のバスで約2時間、Ben xe Son Tay(ソンタイバスターミナル)
その後、セオムかタクシーで、10~20分くらい。
・ハノイ西部My Dinh(ミーディン)バスターミナルから、74番のバスで約2時間、Xuan Khanh(スアンクアン)
その後、セオムかタクシーで、10~20分くらい。

Ba Viまでは、セオム(バイクタクシー)で片道100,000VND(≒488円2017年05月現在)でした。
タクシーは、あまり走っておらずセオムとの交渉になるので、ベトナムに旅行で来ているなど、慣れていない方は、旅行会社を利用することを強くオススメ致します。

レンタカー(H.I.Sさん)の場合

先にも書きましたが、ベトナム語が使えないとセオムとの交渉は大変なので、短期滞在の方には旅行会社さんを利用したレンタカー(ドライバー付き)をオススメ致します。
ガイドの空き状況、滞在時間により料金が変わるため下記情報を記載し、メールでお問い合わせ下さい。(han.jp.customercare@his-world.com)
との事です。

  • 希望日
  • 出発時間
  • 帰着時間
  • 人数
  • 出発希望地(ホテル名・住所)

直接オフィスに行って色々と相談したい方は、こちら↓

★SKYhubラウンジ・ハノイ支店
住所: 25 Lý Thường Kiệt, Phan Chu Trinh, Hoàn Kiếm, Hà Nội
電話:024 3923 3370
営業時間:09:00~18:00
Homepage:http://songhantourist.com/skyhub/han/index.html

Da Den寺(Đền Chúa Đá Đen)

Da Den寺は、バ・ヴィ山脈のふもとにあります。
こちらの写真から少し進むとお寺の入口があります。(すみません、門の写真を撮り忘れました。。。)

冥器/Hang Ma

中に入ると紙製の祭祀用品(冥器/Hang Ma)の馬が沢山並んでいました。
筆者が訪れた日が、メーデーに近かったからでしょうか?(ご存じの方いたら教えて下さい。)
紙製の祭祀用品(冥器/Hang Ma)は、紙と竹を使って本物そっくりに作られ、燃やすことで神様やご先祖様に届けられると信じられています。
色鮮やかでとっても綺麗ですよね。
本堂に向かって並べられている(冥器/Hang Ma)達。まるでお参りをしているようです。
表情もとっても豊かです。
象もいます。

Da Den寺の様子

冥器つくりの様子

お寺を出たところには、まだ顔や飾りがついていないのっぺらぼうの馬さん達が並んでいました。

Da Den寺(Đền Chúa Đá Đen)
住所:Tản Lĩnh, Ba Vì, Hanoi, Vietnam
Facebook:https://www.facebook.com/denchuadaden/

Ba Viと言えば乳製品!

Ba Viは、牛とやぎの乳製品が有名で、そこらじゅうに乳製品を販売するお店があります。筆者は、Caramen(プリン)を食べました。1個6,000VND(≒29円2017年05月現在)
小ぶりだったのもありますが、あまりの美味しさに行きと帰りの合計で6個位食べました。
また、Caramenだけでも食べに行きたいです。

バ・ヴィ国立公園(Ba Vi National Park)

Da Den寺から500メートルほど歩いたところにバ・ヴィ国立公園の入り口があります。

国立公園入り口横にも乳製品のお店があります。※SUA=ミルクの事です。入場料は、1人60,000VND(≒293円2017年05月現在)でした。今回は、国立公園内にある滝まで行って、そこから歩いて下山することにしました。ちなみにベトナム人達は、バイクや車でびゅんびゅん登っていき、誰も歩いている人はいませんでした。行きは、筆者もセオムに乗って一気に登りました。セオムも交渉で、100,000VND(≒488円2017年05月現在)でした。目的地まで到着したら、そこからしばしハイキング。ベトナムに居ることを忘れるくらい静でした。なぜなら前述した通り、ベトナム人達はバイクや車で登るため、山道には入らず貸切状態でした。
竹が沢山生えている辺りは、アジアっぽいですよね。筆者は密かにパンダに会えるのでは!?と期待していたのですが、残念ながらいませんでした。
滝の音に癒やされました。ちなみに筆者は、当日までどういう所に行くのか確認せずに行ったため、財布・スマホ・水そして、サンダル履きという相当なめた格好で行ってしまいました。皆さんは是非ハイキングをする格好で行ってくださいね。(未だに虫刺されの跡が痒いです。。。)その後は、また大通りに戻って、国立公園内にあるレストランで食事をしました。テラス席の景色が去年行ったイタリアのカフェを思い出しました。(湿度が全く違いますがw)

イタリア・ベルガモでもベトナムの民族衣装アオザイを着てみました

Da Den寺と滝の様子は、動画でも撮影してきました。
ハノイからも日帰りで手軽に行けて、気分転換にもなるので、是非皆さんも訪れてみてください。
(虫除けグッズはお忘れなく。)

バ・ヴィ国立公園(Ba Vi National Park)
住所:Tản Lĩnh, Ba Vì, Hanoi, Vietnam
Homepage:http://www.aboutvietnam.org/cities-and-attractions/ba-vi-national-park-vietnam.html
Wikipedia:バ・ヴィ国立公園

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2017年05月09日


PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。