マットな質感と自然な風合いが魅力のセメントタイル工場見学@ハノイ

この記事は約 7 分で読めます。

先日、友人のNさんに誘われてハノイ近郊にあるセメントタイル工場の見学に行って来ました!
皆さんは、セメントタイルってご存知でしょうか?筆者は工場見学に行くまで全く知りませんでした!

セメントタイルとは?

セメントタイルは、その名の通りセメントを使って作られます。皆さんがお風呂場などでよく目にするツルツルとしたエナメル状の陶製のタイルと違い表面に光沢がなくマットな質感が特徴です。また陶製のタイルとの一番の違いは、セメントタイルは焼かずに作られます。
筆者は、焼かずにタイルを作ると聞いた時、頭にはてなマークが5つくらい並びました!(※作り方は後述致します。)
焼かないとなると強度が心配になりますが、なんと400年も持つそうです。セメントタイルは削られてもデザインが残る為、年を重ねるごとに少しずつ色もなじみ、より自然な風合いに変化していくのも魅力なんだそうです。
セメントタイルの歴史は古く、1850年代にフランス・アルデッシュ地方にあるヴィヴィエという町で生まれたそうで、フランスの植民地であったベトナムにもこのセメントタイルを使用した建物が、現在も多数残っています。
セメントタイルのもう1つの魅力は、豊富な色味とデザインパターンです。鮮やかな色彩は、カラーセメントの組み合わせの数だけ存在し、銅型によって生み出される美しい模様はアイディアの数だけ存在します。
ヨーロッパのクラシカルなデザイン、近代的でスタイリッシュなデザイン、アジアンスタイルなど、様々なデザインのタイルを作る事が可能です。
しかしながら、セメントタイルは大量生産できる陶製のタイルとは違い1つ1つが手作業で、タイル職人さんが作れるタイルの数は1日に100枚ほど。手間暇と人件費がかかる為、ヨーロッパではもう作られておらず歴史的な建造物に残る古い技法として扱われてきました。しかし、実はベトナムを始めとする元植民地の国々では今も細々と受け継がれており、その事を知った今回ご紹介する工場のオーナーMizooさんが、タイル職人さん達を集めて工場を立ち上げ、現在ヨーロッパやアメリカなどに輸出をしているそうです。既に制作されていないと思われていたセメントタイルが現在も制作されていると知ったヨーロッパやアメリカの人達に大絶賛されているそうです。
今回、このセメントタイルの存在を日本人の方にも多く知ってもらいたい!というオーナーの想いを受けて記事を書かせて頂く事となりました!有難いです!!

eurekaセメントタイル工場

eureka cement tiles (28)こちらが、工場です!eureka (2)ハノイの近郊、それも路地をちょっと入ったところにあるなかなか渋い立地です。Nさんがかなり喜んでおりました。

工場内

eureka cement tiles (4)まず最初に案内して頂いたのは、セメントタイルの要、銅型のメンテナンスを行う作業場。
eureka cement tiles (3)色々なデザインの銅型が吊るされています。
eureka cement tiles (2)日本食の板前さんが包丁を研ぐように、銅型も日々のメンテナンスが大切で、少しでも歪んだり曲がってしまったりするとタイルのデザインに大きく影響してしまう為、1つ1つ丁寧にメンテナンスしていきます。
eureka cement tiles (1)・・・と言っても筆者はこの時点ではまだまだ「銅型?セメントタイルの要??」と頭の上にはてなマークが並んでおりました。

配合によって様々な色を作り出すカラーセメント

eureka cement tiles (6)続いてご案内して頂いたのは、カラーセメントを配合する作業場です。8種類のカラーセメントを使用する事によって色彩豊かなセメントタイルを作る事が出来そうです。
eureka cement tiles (7)ノートに配合の分量が記されています。
eureka cement tiles (8)写真右側の機械で混ぜ合わせます。ちなみにこの時点でもまだ筆者はセメントタイルの制作工程があまりわかっておらず、相変わらず頭の上に複数のはてなマークが出ておりました。

セメントタイル作り

eureka cement tiles (19)そして、遂にセメントタイルを実際に制作する作業場にやってきました!1つ1つ手作業で作られていきます。
eureka cement tiles (20)

eureka cement tiles (22)四角形だけではなく、六角形などセメントタイルも作られています。
eureka cement tiles (21)銅型を使ったデザインの他に手描きのデザインのタイルも作られています。
eureka cement tiles (9)

さて、写真だと凄さが半減してしまいそうだったので動画を作成してみました!是非ご覧ください。
eureka cement tiles (10)完成したセメントタイルは1~2週間ほど乾燥室で乾燥させます。湿気が多いハノイでは欠かせない作業です。
eureka cement tiles (11)

eureka cement tiles (12)

eureka cement tiles (13)乾燥室の床が可愛かったです!!
eureka cement tiles (14)乾燥後撥水用の水性シンナーを塗ったタイルを検品・梱包していきます。欠けているタイルなどは、モザイクとして利用するそうです。
※モザイクとは、大理石やガラス・陶など小さな断片を使用して建築の壁面や床を装飾する美術技法や、この技法で制作された作品の事を言います。
eureka cement tiles (18)1枚でも十分綺麗ですが、並べるとまた違った華やかさが出て来て素敵ですよね!
eureka cement tiles (17)筆者は、すっかりセメントタイルの虜となりました。halca (2)写真を撮りまくっている筆者をNさんが撮影してくれました!(笑)
eureka cement tiles (15)1箱13枚入り、白い箱はベトナム国内用。箱にデザインされたものは輸出用なんだそうです。日本にも輸出しているそうですよ!
eureka cement tiles (16)1パレット60ケースで輸出しているそうです。60ケースで30平米分あるそうです。

セメントタイル作り体験

なんと今回特別にタイル作りを体験させて頂きました!!!ヤッター!!
tile making (1)筆者、突然の事に緊張しています。tile making (2)職人さんに教えてもらいながら、カラーセメントを流し込んでいきます。tile making (3)結構細かいデザインで、指示して頂かないと何処に入れたら良いのか全く分かりません!tile making (4)恐る恐る・・・。tile making (5)ひたすら職人さんの指さす場所に流し込んでいきます。tile making (6)最終的に職人さんも手伝ってくれました!tile making (7)カラーセメントを入れ終わったら銅型を外していきます。tile making (8)使った銅型は水で洗って置いておきます。tile making (9)続いて、ベースセメントを振りかけていきます。tile making (10)12mm程入れ終わったら、一度手でならしていきます。
tile making (11)最後に湿ったセメントをかけていきます。tile making (12)職人さんにならしていただいて・・・tile making (13)プレスするための蓋を被せるのですが、これがまた重い!職人さんはひょいっとやっていたので、こんなに重いとは思いませんでした!tile making (14)よっこいしょ!!tile making (15)そしてそれをプレス機まで押すのがまた大変!!tile making (16)うりゃーーー!!!(笑)tile making (17)職人さんの指示に従いプレスしていきます。なんだか筆者の顔まで職人さんの様な渋さが出てきました!?tile making (18)プレスが終わったら取り出します。tile making (19)プレスしたとは言え、まだまだ柔らかいセメントタイルを取り外すのはなかなか大変です。失敗すると割れてしまいます。tile making (20)丁寧に、丁寧に・・・tile making (21)取れた!!!tile making (22)オォォォォォォー!!!!tile making (23)なんという事でしょう!筆者にもセメントタイルを作る事が出来ました!tile making (24)それもこれも全ては、職人さんのおかげです!
tile making (25)Xin cảm ơn!(ありがとうございます。)tile making (26)出来たセメントタイルを職人さんにお渡しして・・・tile making (27)筆者なんとも満足気です。
tile making (28)満面の笑み。我ながら楽しかった事がよく伝わってきます。

セメントタイルのデザインにうっとり

eureka cement tiles (23)工場見学の最後にセメントタイルが飾られている展示スペースを見せて頂きました。素敵なデザインのタイルに魅了されます。
eureka cement tiles (24)うっとりeureka cement tiles (25)ヨーロッパのクラシカルなデザインのもの、近代的でスタイリッシュなデザインのもの色々あります。輸出する地域によって好まれるデザインが全く違うそうです。eureka cement tiles (26)こちらの6角形のタイルは、マットだからこそモダンで味がありますよね。セメントタイルの柔らかな色味とマットさにすっかり気持ちを持っていかれてしまいました。 eureka cement tiles (27)タイルは、飾られているデザインの他にオリジナルのデザインや、既存のデザインの色を変えたものもオーダー出来るそうです。この世にたった1軒だけのオリジナルタイルを使ったお店を作る!なんて事も出来ちゃいます!!

あー、夢は広がりますねー!!!興味がある方は、下記連絡先までお問い合わせください。

eureka(Kazuya Mizooさん)
電話番号:+84 1299 469 502
メールアドレス:mizookazuya@gmail.com
工場:Hoa Lac Industrial zone, Hanoi City, Vietnam
Homepage:http://eurekatile.com/

おまけ

halca (1)Nさんが撮ってくれた筆者。なんだか構図がとってもお気に入りです。

Halca
Mizooさん、今回誘ってくれたNさん、とっても良い体験が出来ました!ありがとうございます!!
上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2017年03月23日

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。