世界遺産ハロン湾2つ星・3つ星・4つ星クルーズを映像で比べてみた

この記事は約 4 分で読めます。

ハロン湾と言えば、ベトナム北部で一番の観光名所であり、その為、旅行で友人がハノイに訪れた際には必ず「行きたい!」と言われます。その為、筆者も何度かハロン湾を訪れたので、今回映像で1泊2日2つ星・3つ星・4つ星クルーズを比べてみました!
・・・とその前にハロン湾についてもう少しご説明いたします。

ハロン湾とは?

ハロン湾(ハロンわん、ベトナム語: Vịnh Hạ Long / 泳下龍)は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。漢字表記は下竜湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。
彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。 地質学的には北は桂林(中国広西チワン族自治区)から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。
1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録。
引用:ハロン湾 – Wikipedia

世界遺産データ

分類:世界自然遺産
登録年:1994、(2000年に拡大指定)
位置:ベトナム クアンニン省 (首都ハノイから165キロ)
面積:43,400ヘクタール (石灰岩からなる大小1,600もの島々を含む)

「ハロン」という名前の由来


隣国・中国からの度重なる侵略に悩まされていた時代に、今のハロン湾に龍の親子が降り立ち、口から炎を吹いて敵を打ち破りました。更に龍の口から吹き出された宝玉が数々の奇岩となって海面に突き刺さり、長きに渡って外敵の侵入を防いだと伝えらえています。この伝説から、この地はハ(降りる)ロン(龍)つまり「龍が降りる」湾と呼ばれるようになりました。

ハロン湾で楽しめるアクティビティ

※ツアーの日程や、クルーズ船の種類によって体験できるアクティビティは異なります。

  • シーカヤック/水泳
  • 湾上の漁村訪問
  • 洞窟(鍾乳洞)見学
  • ベトナム式太極拳
  • ハロン湾(料理教室)
  • クッキングデモンストレーション

※ちなみに筆者は、シーカヤック(2つ星)、洞窟(鍾乳洞)見学(全クルーズ)、ベトナム式太極拳(3つ星、4つ星)などを体験しました。(詳しくは、埋め込み映像参照)

ベトナムの世界遺産ハロン湾1泊2日クルーズ2つ星編

アクティビティが、シーカヤックだったり水泳だったり、とにかく動く事が多かったのと、部屋のクオリティが・・・で、若いバックパッカーなどが利用するべきクルーズだなと思いました。料金が一番安いのもあってベトナム人も他のクルーズより多かったです。

ベトナムの世界遺産ハロン湾1泊2日クルーズ3つ星編

筆者的には、↓の4つ星よりも、部屋が綺麗で料理も美味しく一番良かったです。ただ、ハロン湾には無数のクルーズ船がいるので、必ずしも次回3つ星に乗った際に同じ風に感じるかは、わかりません。。。

ベトナムの世界遺産ハロン湾1泊2日クルーズ4つ星編

部屋も良く、バーカウンターでカクテルが飲めるのも良く、4つ星クルーズしか入れないエリアなども行けて、静かにゆったりとした時間が過ごせました。ただ1つ、料理が壊滅的に不味かったです。西洋人のお客様が多いせいか、西洋料理のコースだったのですが、参加者口々に「無理しなくて良いから、美味しいベトナム料理を出してください・・・。」と言っておりました。


いかがでしたでしょうか?ハロン湾の記事はよく見かけるので、ハノイに住んでいるからこそ何度も体験できる事を武器に2つ星・3つ星・4つ星クルーズを比較してみました!

尚、記事本文中にも書きましたが、ハロン湾には無数のクルーズ船がおり、無数のツアーがある為、必ずしも今回ご紹介した2つ星・3つ星・4つ星クルーズの内容が全てではございませんので、参考程度に観て頂けると嬉しいです。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。