3月8日は国際女性の日(国際女性デー、国際婦人デー)@ベトナム

今日から3月ですね!年度末でお忙しい方も多いと思いますが、頑張って乗り切りましょう!
さてさて、日本とは逆で、男性から女性へプレゼントを渡すバレンタインデーを経験して以来、女性へプレゼントを贈りたい!女性の輝く笑顔が見たい!とプレゼントをあげたくて仕方ないベトナム在住日本人男性の皆さんに朗報です!
まもなく国際女性の日がやってきますよ!!!

3月8日は国際女性の日

日本ではあまり馴染みがありませんが、 3月8日は国際婦人デー(国際女性デー、国際女性の日)。 現旧社会主義国を中心に世界各国でこの日を祝っており、国連の正式な記念日にもなっています。ベトナム語では、 「Ngày Quốc tế Phụ nữ(ガイクオックテーフーヌー)」 または「Ngày Liên Hiệp Quốc vì Nữ quyền và Hòa bình Quốc tế(女性の権利及び国際平和のための国連の日)」と言います。
ベトナムでは女性の日が年に2回あり、3月8日の国際婦人デーのほか、10月20日は 「ベトナム女性の日(Ngày Phụ nữ Việt Nam、ガイ フーヌー ヴィエットナム)」 に定められています。
引用:VIETJO life

3月3日の雛祭り、3月8日の国際女性の日、3月14日のホワイトデー、女性に尽くしたくて仕方ない男性には嬉しいイベントが盛りだくさんですね!?

好きな人を想ってプレゼントを選ぶのってとーーーっても楽しいですよね!!!

国際女性の日に男性は何をするのか?

国際女性の日は、1975年に『女性たちが、平和と安全、開発における役割の拡大、組織やコミュニティーにおける地位向上などによって、どこまでその可能性を広げてきたかを確認すると同時に、今後のさらなる前進に向けて話し合う機会』として国連により3月8日に設けた記念日です。ベトナムでは、女性の権利について話し合う機会というよりは「日頃の感謝を込めて、男性が女性にプレゼントを贈る日」として広まっている幹事がします。
そのため、この日は、恋人はもちろんの事、母親、奥さん、学校の先生や同僚女性など身近な女性に花やプレゼント(シャンプーや化粧品、飾りものなどあまり高くないもの)を送るのが一般的になっています。

送る相手によってプレゼントが変わる?

  • 母親・・・直接会えない場合は、お祝いメッセージを送り、一緒に住んでいる場合は、お花を贈る。
  • ・・・お花の他に洋服、化粧品、ネックレスなどを贈る。また、プレゼントではなく、この日の家事を全てやり、奥さんを休ませる男性も多い。
  • 恋人・・・花束とプレゼントのセットを贈り、一緒に食事や遊びに出かけたりする。最近では、愛情の強さを示すために、ブランド品等の高額なプレゼントを贈る人も増えてきている。
  • 職場・・・女性向けのお祝いイベントを行ったり、会社は女性社員だけに、プレゼントと小額のボーナスやクーポンをあげるケースが多い。

ハノイでは、10月20日のベトナム女性の日の方に重点を置かれているので、3月8日の国際女性の日はそこまで大々的にやっている印象はないのですが、今年の旧正月(テト)や先日のバレンタインデーの様子を見ていると去年の情報は全くあてにならないので、準備をしておくに越したことはないですね!

筆者は今年初めてベトナム人スタッフから「バレンタインデーどうするのー?」と聞かれてビックリしました!また、近くのお店では女性スタッフに配るお菓子を買いに来ている日本人男性達の姿を多く目にしたので、何が起こるか本当にわかりません!

女性の日、関連記事

ベトナム人女性に聞いたプレゼントで欲しいものランキング

ハノイ在住者にベトナム人女性の性格を聞いてみました。

ベトナム人女性にとって最も大切な日!?10月20日『ベトナム女性の日』

モーニング娘。’17新曲発売日!

国際女性の日と全く関係ありませんが、2017年03月08日はモーニング娘。’17の新曲発売日です!
今年20周年を迎え、新メンバー2人の加入もあり、ますますパワーアップするモーニング娘。の進化はとまりません!

Don’t steal.Start giving
BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー

いやぁーカッコいい!可愛い!モーニング娘。’17の新曲発売は筆者にとって一番のプレゼントです!
皆さんが、3月も楽しく過ごせるよう心から願っております!がんばっていきまっしょい!


PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。