ハノイの日系エステJapan Beauty Style BLOOM関口静さんインタビュー

BLOOM

今回は、ハノイ在住日本人女性の間で大人気のエステサロン『Japan Beauty Style BLOOM』の関口静さんにお話を伺いました!

~ベトナムについて~

ベトナムに来てどれくらいですか?

ベトナムに住み始めて1年半になります。
その前は、日本とハノイを行ったり来たりの生活をしていました。

ベトナムに来る前と来てからとではベトナムのイメージは変わりましたか?

私は、ベトナムにはビジネスをしに来たので、ビジネスの面でいうと、ベトナムでビジネスをするのがこんなに難しいと思わなかったです。
もっとクオリティが低いと思っていました。

ハノイに来たキッカケはなんですか?

もともと日本で暮らしていた家の隣にベトナム人の若者達が引っ越してきたのが、ベトナム人との交流の始まりでした。
24歳以下の若いベトナム人4人で、昔タイでタイ人にお世話になった事がある主人が、「日本に来た外国人には親切にしたい!」とよく家に彼らを呼び、ゴザを敷いて夜な夜な宴会をしていました。
ベトナム人の性格が気に入った主人はある日突然「ベトナムで起業したい!半年間だけ好きにさせてくれ!」と言い出し、ベトナムに行ってしまったんです。
そこで、主人が本当にベトナムで仕事をしているのか偵察がてらハノイに行ったのが、初めてのベトナム旅行で、それまでベトナムがどんなところか全く知りませんでした。
主人の偵察の為にハノイに来るにも航空券代がかかるので、その費用を稼ぐためにベトナムで服を作って日本に卸したり、ハノイで出来た知り合いのベトナム人に格安でエステをしてあげたりを始めました。
主人がハノイに行ってから、1年半くらいは日本とハノイを行ったり来たりしていたのですが、徐々に服のオーダーの仕事が忙しくなり、月の半分を日本とハノイを往復するうちにすっかりハノイが気に入ってしまい、「昭和の古き良き雰囲気が味わえてやり直しがききそうなハノイでエステサロンを開いてみたい!」と思うようになりました。

そこで、主人に「今度は、私に半年間好きな事をする時間を下さい。」とお願いして、ハノイで起業しました。
ロードゥック(Lò Đúc)に小さなお店をオープンしたのが始まりです。

お店をオープンするにあたって大変だった事はなんですか?

・お店の内装などが思ったようにならない事
・ハノイの日本人同士の繋がりを作る事
日本とハノイを行ったり来たりしていた時は、日本人にほとんど会った事がなく、ハイバーチュン(Hai Ba Trung)エリアから出た事も無かったんです。
それが、ハノイで起業するとなると日本人同士の横の繋がりを大切にしないとやっていけない事に気づき、ハノイの日本人との人脈を作るのが大変でした。
ハノイの日本人とお付き合いを始めるにあたり、周りへの最初のあいさつは日本以上に大切だという事を学びました。

~ベトナム人スタッフについて~

一緒に働いてみて良いところはどんなところですか?

ベトナム人は年功序列がしっかりしているので、年上である私を凄く敬ってくれますし、立ててくれるところが良いなと思います。
あとは、どんなに叱ってもみんなで一緒にご飯を食べればスタッフの気持ちがリセットされるところも楽で良いです。
ベトナム人は、おもてなしが出来たり、基本的に日本人に近いものを持っているなと思います。

BLOOM

スタッフに指導する静さん

逆に一緒に働いてみて悪いところはどんなところですか?

努力しないのにお金ばかり要求してくるところです。
ベトナムは人件費が安いというのは嘘です。(涙)

常に必要人数の倍のスタッフを用意しておかないと直ぐに辞めてしまいます。
文化も違いますし、言葉が通じないと難しなと思う事も多々あります。

ベトナム人スタッフと働いていて感動した事はありますか?

お店をオープンして間もないころに、ベトナム人のパートナーと喧嘩をしてしまった事があったんです。落ち込んでいると日本語通訳のベトナム人スタッフが「静さんが、ハノイを好きになってくれてハノイでお店をやろうと思ってくれたことが嬉しいから、どんな事があっても私達スタッフは静さんを慕い続けるし、何処までもついていきます!だから、喧嘩しても”日本に帰る!”なんて言わないで頑張ってほしいです!」と慰めてくれた時、こんなに想ってくれているんだと感動しました。
あとは、祝い事が豪華なところには毎回感動します。

DSC01857

和風で落ち着いた雰囲気のサロン

ベトナムでこれから起業したいと考えている人に何かアドバイスがあればお願いします。

まずは何があっても半年間は頑張る!という気持ちをもって来る事。
ハノイに来て思ったのが、3ヵ月や半年で撤退してしまう人の多さです。3ヵ月やそこらで撤退するという事は、事業を始めて直ぐに辞めようと考えているという事だと思います。
なので、半年は絶対に頑張ると決める。半年頑張れば1年が見えてきます。
次に軽はずみな気持ちで起業しない事。
ベトナムだから日本で起業するより簡単と思ったら大間違いです。
ベトナム人のお金持ちの方が日本人よりよっぽど煩いです。また、「日本のクオリティを持って来れば大丈夫!」と思っても日本のものなんて簡単には手に入りません。
精神的にも肉体的にもやられる事も多々ありますので、それなりの覚悟を決めてベトナムに来てください。

BLOOM

サロン内には素敵なお着物も飾られています。

~子育てについて~

静さんは現在小学生になる息子さんと2人暮らしとお伺いしたのですが、ハノイでの子育てはどうですか??

良いところは、ベトナム人達は「みんなで子供を育てよう!」というところがあり、子供にとても優しいので助かっています。スタッフみんな積極的に息子の面倒を見てくれています。
辛いところは、学費が日本以上に高いところです。
あとは、ハノイは遊ぶ場所が無く、思う存分走り回らせる事が出来ないので、運動神経の発達の面で心配になります。
今年の4月に息子は日本人学校に入学したのですが、日本人学校に決めた理由の1つは校庭がとても広くて息子が思う存分運動できると思ったからです。

最後に一言お願いします。

子供を育てながら、ハノイでビジネスをするのは正直物凄く大変です。
大変ですが、「子育てしながらハノイでビジネスしている」事で、色々な立場の人たちが「自分にも何か出来るかも!」と励みになったり、ベトナム進出を決心するきっかけになれば良いなと思いながら、日々頑張っています。

★BLOOMサダン本店★
Số 352 Xã Đàn, Đống Đa, Hà Nội
TEL: (+84) 1635 717 389
営業時間:08:30 − 20:30
休業日:休日なし
========================
★BLOOMインドチャイナ店★
FLOOR 2 INDOCHINA PLAZA.IPH BUILDING
241 Xuân Thủy, Cầu Giấy, Hà Nội
TEL: (+84) 1635 717 389
営業時間:08:30 − 20:30
休業日:休日なし
========================
アメブロ
ホームページ
Facebookページ

ビジネスウーマンとして、そして小学生の息子さんを持つママとして、ハノイで活躍する静さん!とても素敵なお話を聞くことが出来ました。ありがとうございます!


BLOOM

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。