プロの通訳者に電話で通訳を依頼できるアプリ『JellyTalk』

この記事は約 2 分で読めます。

今回は、掲載のご依頼を頂き「リモート通訳アプリ【JellyTalk】」のテストを手伝ってくださるユーザーさんを募集のお知らせをいたします。
リモート通訳アプリ【JellyTalk】は、プロの通訳者に、電話で通訳(ベトナム語⇔日本語)を依頼できるアプリです。ベトナムでは、英語が通じるお店も増えていますが、言葉が通じなくて困るケースも少なくありません。そんな時に、使えるアプリです。

JellyTalkとは

JellyTalkは、言葉が通じなくて困ったときに、プロの通訳者に電話で通訳を依頼できるアプリです。現在、iOS版を開発中で、2月にリリースされる予定です。ベトナム語 – 日本語 に対応しています。ベトナム生活の経験がある、日本人エンジニアの宮里 悠平さんと、ディレクタの徳嶺あかりさんが開発しています。

テストユーザーの募集内容 ※終了※

アプリの使用感を確認するために、クローズドテストを実施します。
クローズドテストに参加していただける日本人の方を、次の通り募集しています。

募集対象

  • ベトナムで言葉が通じなくて困った経験のある日本人の方。
  • iPhoneをお持ちの方で、ヒアリングに協力いただける方。

実施期間

2018年1月末頃〜  2週間程度

費用について

テスト期間中は、通常1分1ドルの利用料を【無料】でお使いただけます。

申込期限

2018年1月27日(土曜日)

お申込み方法

以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/Q24EL4


ベトナム在住のみなさま!お申込みお待ちしております。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。