【ハノイ】ラーメン屋MY OSHI 03新メニュー!煮干し系ラーメンは東北の味

この記事は約 3 分で読めます。

いつも美味しいラーメンを提供して下さっている岩手のラーメン『MY OSHI 03』さんから、「08月13日(土)新メニューを開始するので、レポートしに来ませんか?」という素敵なオファーを頂き、早速お店に行ってきました!

新メニュー『煮干し系ラーメン』2種類

にぼちゅーhttps://www.facebook.com/MyOshi03/

こちらが、MY OSHI 03さんの新メニュー『にぼちゅー』&『のりちゅー』です。煮干し香る醤油ラーメンです。「煮干し香る」・・・素敵な響きですね。

にぼちゅーを注文

日本で、ラーメン屋紹介専門ブログなどを書かれているブロガーさんは、2杯くらいはペロッと平らげてしまうそうなんですが、残念ながら筆者には2杯食べられるほどの胃袋は備わっていないため、店長お薦めの『にぼちゅー』を本日は頂く事にしました。
店長毎度おなじみ、店長の笑顔を狙う筆者。本日もはにかみ笑顔を頂きました!
MY OSHI 03 (2)さぁ、間もなく煮干し系ラーメン『にぼちゅー』の登場です。ドキドキです。


煮干しラーメン (3)こちらが、煮干し系ラーメン『にぼちゅー』です。スープの色が結構濃いですね!トッピングは、のり、チャーシュー、たまご、ネギ、そしてきざみ玉ねぎがのっています。煮干しラーメン早速いただきます!
スープは、ほんのり甘味のあるしょうゆ味にじんわりと広がる煮干しの風味が最高です。こちらのラーメンに使用しているしょうゆには、色々と工夫がされておりしょうゆからほんのり甘味が出ているそうです。
自家製麵、チャーシュー、たまごは、前回みそらーめんを頂いた時よりグレードアップしていて、更に美味しくなっていました。!打ち立ての麵がハノイで食べられるなんてやっぱり最高ですね。
そして、上記メニューにも書かれているアクセントのきざみ玉ねぎが、麵とスープによく合っていてビックリしました。筆者にとってはきざみ玉ねぎとラーメンって全く結びつかなかったのですが、合うんですねー!

店長のこだわり

店長のこだわりは、なんと言っても『煮干しスープ』だそうです。時間と手間とコストがかかっており、日本では絶対にこのお値段では食べられない味に仕上がっているそうです。
更に一部食材は、日本からハンドキャリーで運んでいるとか!?「ベトナム人に美味しいラーメンを安く提供したい!」という店長の信念が伝わってくるこだわりです。

新メニュー誕生秘話

お店をオープンしてから、東北出身のお客様が多くお店を訪ねて来てくれたり、店内に貼ってある岩手のポスターを見て東北に興味を持ってくれるお客様が多くいる事を知り、青森を中心に東北地方では根強い人気の煮干し系ラーメンを新メニューとする事に決めたそうです。
東北出身のお客様は、岩手以外の人でも店長に声をかけてくれるそうで、それが店長はとても嬉しい様で、その事を笑顔で教えてくれました!筆者も東北は宮城県出身なので、同じ東北のお店!というだけで親近感が一気にわいて店長に声をかけたくなる気持ちがよくわかります。

1階壁に貼られたポスターには、懐かしさを感じます。

新メニューのお値段

『にぼちゅー』・・・90,000VND(≒400円2016年08月現在)
『のりちゅー』・・・70,000VND(≒315円2016年08月現在)
どちらも相変わらずのお手頃価格で、試しやすいですね!

是非是非、皆さんも食べてみてください。筆者もこの記事を書いていたら、また食べたくなってきましたー!!!

JAPANESE NOODLE RESTAURANT “MY OSHI 03”
住所:3 Lê Đại Hành Hai Bà Trưng Hà Nội
電話番号:096-636-5470
定休日なし
営業時間:
(朝・昼)9:00~15:00
(夜)17:00~22:00
Facebook:https://www.facebook.com/MyOshi03/
Homepage:http://www.ramen-yanagiya.com/

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2016年08月13日

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。