出会いはいつもおふくろ亭【ハノイの日本食レストランでバイト体験】

<2017年03月18日ペントハウス情報を追加しました。>
突然ですが、ひょんなことから筆者は12月中、日本料理のお店が多く建ち並ぶKim Ma通りの西にあるV-TOWERにお店を構える日本食レストラン『おふくろ亭』でアルバイトをしてきました!
あっ!決して、お金に困っているわけではなく、目的は「社会科学習」「当サイトの宣伝」が目的で、オーナーの宮田さんから「アルバイトしない?」というオファーに乗っかってみました!
ハノイ在住のお友達たちから「Halcaは遂に何でも屋になったのか?」と聞かれました。自分でも何をしているんだろう・・・??と思いますが、面倒臭さよりも好奇心が勝ってしまうのです。

おふくろ亭

外観

ofukuro-tei-3さて、こちらが今回アルバイトでお世話になった『おふくろ亭』の外観です!
初めに申し上げておきますと、バイト中は至って真面目に働いていたので、働いている写真などは出てきません!あしからず!

店内の様子

ofukuro-tei-5青森の写真が所狭しと飾られていて、東北人である筆者にはとっても懐かしさを感じる店内です。
ofukuro-tei-6奥の席にはズラーーーっと本が並んでいます。
ofukuro-tei-7日本の漫画や本が読めない環境では生きていけない!って人もここに来れば安心ですね!
ofukuro-tei-8夜な夜なハノイ在住のお兄様方が楽しい飲み会を繰り広げている店内。オーナーの宮田さんが誘ってくださるので、来たばかりの人でも気付けば友達の輪が広がっているという凄いお店です。

アルバイトをやってみて

筆者はもともと学生時代の6年間結婚式の披露宴会場でアルバイトをしていたので、ブランクはあれど結構身体が覚えていて、片手でトレーを持ってサービスしたり、オーダーを聞いたりするのが楽しくて、「おっ!まだまだやれるじゃん!」と嬉しくなってしまいました。
一緒に働いていたのは、主にベトナム人スタッフだったので、日本で働いていた頃の様にみんながみんなキビキビと働いていたわけではなかったですが、ハノイ在住3年半で培われた「ベトナム人とのほどよい働き方」が出来ている気がして、普段同じ仕事をして毎日会う同僚達とでは気付けないことに気付けて1人ジーンっとしていました。
何せ始まりは、こんな感じですよ!?我ながら頑張って乗り越えたものです(笑)

具体的にどんな宴会に入ったのか、どんな仕事をしたのかは守秘義務があるので、書きませんが、ひょんな事から初めたアルバイトを通して今までの色々な経験がきちんと自分の糧となっているんだな、というのが感じられて凄く良い経験になりました。

あと、アルバイト後VIETHICHのFacebookページのいいね!が増えたり、当サイトを読んで下さっている方と出会えたり、良いことが沢山ありました。

メニュー

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

アルバイト後に、バイト代として好きなものを食べても良い!と言って頂きました!美味しそうな料理ばかりで悩んでしまいますね!

おふくろお寿司盛り合わせ

ofukuro-tei-9宮田さんのお言葉に甘えて、『おふくろお寿司盛り合わせ』を頂きました!
ofukuroteimenu5

ofukuro-tei-1おふくろ亭の日本人板前さんが作って下さったお寿司で、とーーーーっても美味しかったです!

おふくろ亭のはじまり

美味しいお寿司を頂きながら、宮田さんにおふくろ亭をオープンしたキッカケを伺いました。
2001年05月、おふくろ亭が入っているV-TOWERが、勤め先の「みちのく銀行」の融資先で、返済を進めるための出向として宮田さんは日本からハノイにやってきたそうです。その当時、ベトナム人はお金を借りても返さない、無かったことにしてしまうという事が多く、宮田さんは「借り入れたお金をきちんと返す事の大変さと返し切ることの喜びをベトナム人に知ってほしい」という信念を持ち、借り入れ金額をきちんと返済したそうです。
そして、2010年V-TOWERのテナントに入っている方達の食事をケアする為におふくろ亭をオープンしました。その当時、ハノイでは遅い時間に食事をするところはほとんど無く、帰りが遅い人でも「おふくろ亭が開いている!」という安心感を持ってもらえたらと思いお店をオープンしたそうです。自分のビルでありながらおふくろ亭の家賃を払い、お店の中で使用する家具や機材なども全て宮田さんご自身で用意されたそうです。

宮田さんについて、もっと詳しく知りたい方は『宮田 敬一さん 株式会社みちのくホスピタリティカンパニー代表』をご覧ください。

お客さんとして筆者がおふくろ亭を訪れた際も、アルバイトをしていた際にも感じたことは、宮田さんはいつも「人を喜ばせよう!」という優しさに満ち溢れていて、色々なサプライズで楽しませてくれます。おふくろ亭に行くといつも笑顔になれて、気付くと沢山の人達との出会いもあり、まさに「出会いはいつもおふくろ亭」です。
いつも忙しそうに動き回っている宮田さんですが、「V-TOWERの居住者が病気になった際にもビル内におふくろ亭があれば安心でしょ?」と笑って教えてくれた時、こんなに忙しく動き回っているのは、日々人のためを思って色々考えて行動してくれているからなんだな、本当に優しい人だなーこんな人になりたいなと思いました。

V-Tower10階ペントハウス※追記

ofukuro tei (1)おふくろ亭が入っているV-Towerの10階には貸切で利用できるベントハウスがあります。

ofukuro tei (2)宴会やイベントで貸し切って利用する事が可能です。

ofukuro tei (3)

ofukuro tei (4)10階からの景色はこんな感じです。

ofukuro tei (5)先日は、70名を超える大きな宴会があり、筆者もお手伝いをしていました!ご利用希望の方は、是非おふくろ亭宮田さんまでお問い合わせください。

年越しイベント※終了しました!

『今年もいい思い出ありがとう!!みんなで恋じゃ!』
ofukuro-tei-42016年12月31日(土)17時から年越しのカウントダウンイベントが行われます。
参加希望の方は、直接お店にお問い合わせください。(連絡先は、記事下段参照)
・・・ところで、「みんなで恋」といのは、今年流行りの恋ダンスを踊るという事なのでしょうか??気になりますね!

めちゃくちゃ余談ですが、筆者個人的には、最近モー娘。の『恋 ING(こいアイエヌジー)』にハマっています。最近現メンバーの飯窪春菜ちゃんがコンサートで歌っていて、彼女は歌があまり得意ではないのですが、それが逆に恋が始まったばかりの不器用さを歌っている歌詞にあっていて、言葉を1つ1つ大切に歌い上げている感じがなんともキュンとしてしまいました。

1つのパンをわけわけしたいものです!!!!!!!!!!!(詳しくは、恋ING聞いてください!)
恋 ING』の歌詞みたいな出会いもきっと、おふくろ亭には待っているかもしれませんよ!
皆様年越しイベントお見逃しなく!
何せ『出会いはいつもおふくろ亭』です!
お後がよろしいようで。

おふくろ亭
住所:1F, V Tower, 649 Kim Ma St, Ba Dinh Dist, Hanoi
電話:04-3211-5189
携帯電話:090-340-4720(日本語)
営業時間:
月~金 11:00~13:00 、 17:00~22:30
土・日 11:00~15:00 、 17:00~22:30
おふくろ亭Facebookページ
トリップアドバイザー口コミ

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2017年03月18日


※本コメント機能はFacebookによって提供されております。この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴4年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。