JFN系列36局ネットでオンエアされているラジオ番組「ON THE PLANET」出演内容

この記事は約 12 分で読めます。

2017年07月18日(火)25時(ベトナム時間、18日(火)23時)当サイトライターHalcaがJFN系列36局ネットでオンエアされているラジオ番組「ON THE PLANET」出演致しました。
その時の内容を紹介しても良いという許可を頂いたので、今日は出演内容をご紹介いたします。
・・・とその前に番組とインタビューして下さったD[di:]さんのご紹介です。

ON THE PLANETとは?

今、私達は、膨大な情報の中で“何”を選択したらいいのでしょうか?地球レベルの“今”を知覚するには、適切なキュレーションが必要。そんな中、リアルに世界を自分の足で知覚している人、肌で知覚している人がいます。それは、バックパックを背中に背負って、一人で世界に出ていくバックパッカーと呼ばれる“自由人”。彼らがDJとなり、知的好奇心を楽しんでいる人達、楽しもうとしている人達と共に一緒に作りあげていく。
引用:JAPAN FM NETWORK

D[di:](作家、イラストレーター、アーティスト)

今回、インタビューして下さったのは、作家・イラストレーター・アーティストと様々な顔を持つD[di:]さん!

D[diː]/ 作家・イラストレーター
2000年、多摩美術大学在学中に発表した『ファンタスティック・サイレント』を、宮崎駿監督のお墨付きで出版、デビュー。二作目、『キぐるみ』発表で 「ノベルコミック」という文学スタイルを生み出し読者に衝撃を与え、その後も鋭い観察眼と叙情的な文章でシニカルかつスイートな世界感の作品を精力的に創作。
小説、漫画、イラスト、ファッション、デザインなど多分野をまたに活動する稀有な存在として、各界の著名人にも支持者が多い。ペンネームをD[di:]という匿名性の高いアルファベットにしたのは、描いている本人のパーソナルな要素(国籍、人種、性別、年齢など)が、作品を見る側に先入観として入り込まないようにという配慮からという理由が大きい。
ルミネ新宿・ルミネエスト・ルミネ立川などのキャンペーンビジュアル制作 愛・地球博閉幕1周年記念CDジャケット制作。映画「ジョゼと虎と魚たち」イメージイラスト/タイトルバック作画を担当。
近年は絵本出版や商業施設ラッピング、人気ブランドとのコラボやセルフブランドの開発、全国放送のラジオパーソナリティに抜擢され活動の幅を広げている。
引用: D[diː] official web site

とっても素敵な方にインタビューして頂けて色々お話しが出来て感激でした!


それでは、お待たせいたしました。ラジオの内容です!(実際のラジオでは、本名をご紹介頂いたのですが、こちらではわかりやすく普段使っているライターネームに変更してご紹介いたします。)

「ON THE PLANET」出演内容

オープニング

Dさん

もしもし、ベトナム・ハノイ在住のHalcaさんですか?
初めまして、Dです。
よろしくお願いします。

Halca
よろしくお願いします。
Dさん
早速なんですが、ベトナムには“甘い”豆腐があると聞いたんですが?
これ、どんなものなんですか?

Halca
タオフーと言って、豆乳を固めて、おぼろ豆腐のような滑らかな豆腐を作り、その上に甘いシロップをかけたデザートです。
Dさん
豆乳を固めた物と言うのは、日本の豆腐と同じ?
それに、砂糖が入っているんですか?
Halca
日本の豆腐と作り方は同じです。豆腐自体には砂糖は入っておらず、甘いシロップ、ジャスミンティーに砂糖をたっぷり入れた物などをかけて頂きます。
Dさん
スーパーとかで普通に売っているんでしょうか?
あと、お値段はどのくらいするんですか?
Halca
売っているスーパーもあるかもしれませんが、どちらかというと路上で売られています。日本でも昔はお豆腐屋さんが屋台をひいて豆腐を売りに来ていましたが、それと似た感じです。
値段は、1万5000ドン前後、日本円で大体75円くらいです。
Dさん

安い!

という事で、ベトナムの豆腐事情、色々気になります!!
Halcaさん  後ほど、またよろしくお願いします。

本編

東京・半蔵門にあるスタジオから、JFN全国ネットで、
Dがお送りしています「ON THE PLANET」

ここからは、海外に電話を繋いで、世界の人が今、
どんな事を感じているのか、チェックしたいと思います。

今夜、電話を繋ぐのは、冒頭にも出て頂きました、
ベトナム、ハノイで「VIETHICH(ベティック)」と言うサイトを
運営している、Halcaさんです。
では再び、Halcaさんを呼んでみましょう!

もしもし、Halcaさ〜ん
よろしくお願いします。

Dさん
Halcaさんがいらっしゃるベトナム、ハノイは、今何時ですか!?
気温はどのくらいなんでしょうか。
Halca
時間は、23時09分です。
真夏は過ぎたので、30度前後です。今は日本の方が暑い時期です。
Dさん
先ほどは、ベトナムには“甘い豆腐”があると言う事でしたが、
普通にお料理で使う、豆腐もあるんですか?
Halca
はい、あります。
Dさん
どんな風にベトナムではお豆腐食べるんですか?
Halca
ハノイには、ブンダウという豆腐の名物料理があります。
木綿豆腐に似た豆腐(ダウ)を油で揚げて、そうめんのように細い米粉の麵ブンを一口サイズにカットして、ベトナムの魚醤(ヌクマム)につけて頂きます。揚げた豆腐は鍋などにも入っています。
Dさん
日本の冷奴みたいな食べ方はありますか?
Halca
揚げた豆腐を使う事がほとんどなので、冷奴としての食べ方は見た事がないです。
Dさん
その他、ベトナムで夏ならではの食べ物と言ったら、何かありますか?
Halca
鍋です。日本だと鍋は冬のイメージがありますが、ベトナムでは汗をかきながらみんなで鍋を食べます。夏だからと言って冷たいものを食べるのは身体にあまりよくないとされています。
Dさん
では、Halcaさん、オンプラ初登場になるので、
Halcaさんについても伺いたいんですか、
ベトナムには、いつ、どんなきっかけで渡ったんですか?
Halca
4年前にベトナムに来ました。その前は、オーストラリアに2年間ワーキングホリデーで滞在していて、このまま日本に帰るのではなく海外で就職したいと思い、オーストラリアで就活をして日本を経由せずワーキングホリデー終了と同時にハノイに来ました。
ハノイを選んだ理由は、オーストラリアに行く前日本では映像業界で働いていたのですが、日本では「もっと早く生まれていたらバブルが経験出来たのにね。」と言われ、オーストラリアでは「もっと早く来ていればビジネスビザが取れたのに残念だったね。」と言われ、残念なまま終わりたくない!これからのぼっていく国に行こうと思いハノイを選びました。
Dさん
 Halcaさんが運営しているサイト「VIETHICH(ベティック)」の
自己紹介欄を見ると、“クリエイター”となっていますが、
どんな物を制作しているんですか?
Halca
ハノイにあるお店のホームページの作成や、プロモーション動画制作、ショップカードのデザインやメニューデザインなど色々と制作しています。
Dさん
ではこのサイト「VIETHICH」についても教えて頂きたいんですが、
「VIETHICH」は、どんな意味なんですか?
Halca
VIETHICHは、2つのベトナム語を組み合わせた造語です。VIETは、ベトナムTHICHは、好き、つまりベトナム好きという意味です。
Dさん
そのサイトの中身は、どんな内容なんですか?
Halca
ハノイに住んでいるからこそ書けるリアルなハノイの観光情報やお店の情報など幅広く取り上げています。
Dさん
最近取材をして面白かった記事は何かありますか?
Halca
ハノイで行われた人気小説家のファンミーティングが面白かったです。作者さんは、昼間は別の仕事をしながら、その傍らオンラインで小説を書き、それが本となり、ゲームとなり、国を超えてベトナムでもゲームの販売が決まりという流れにとっても興味を持ちました。私もVIETHICHから付随して色々な事が出来たらと思っています。今回のこのラジオ出演もとっても良い経験になりました。
と言う事で、まだまだベトナムの豆腐の事、Halcaさんのお仕事の事、
色々気になりますが、そろそろ時間が来てしまいました!
また、ぜひよろしくお願いします。
Halcaさん、今日はありがとうございました。


こんな感じで、ドキドキのラジオ出演は終了しました。
ご視聴頂いた皆様、緊張している私を上手にエスコートして下さったDさん、そして今回の企画のご連絡を頂いた真殿さん、ありがとうございました!
ちなみに放送内容は、スマホアプリradiko.jpでも聴けるようです。

おまけ

画像引用:http://park.gsj.mobi/news/show/36452

「ON THE PLANET」さんのページ内でもVIETHICHをご紹介頂きました!ありがとうございます。


PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。