ハノイの朝食の新定番!おにぎりとひとくち惣菜のお店『momiji』

皆様お久しぶりです!
気付けば2ヶ月ぶりの投稿となってしまいました。コロナ禍で思うように出歩けない日々が続きましたが、やっと最近落ち着いてきましたね。
日本とベトナムの行き来もしやすくなり、徐々にコロナ前の日々が戻ってきている方もいるのでは無いでしょうか?

嬉しい反面、出張者との外食で胃が持たれる、早朝出発の接待ゴルフに持っていく軽食が無い、そんな久しぶりの悩みに直面している方も多いのではないでしょうか?
そんな方へのハノイの新定番、おにぎりとひとくち惣菜のお店『momiji』をご紹介いたします。

momiji


タイホーにある「momiji」は、2021年3月17日にオープンしたお米のうま味を味わえる手作りのおにぎりと関西風のだしが効いた惣菜が人気のおにぎり&お惣菜のお店です。店主の田中千鶴さんは、神戸と京都で育ち、関西の食文化を礎に料理を勉強した方で、以前はダナンで飲食店を経営されていました。

メニュー

おにぎりの味は、全部で13種類あり、その他に季節限定のおにぎりを発売する事もあります。
人気のメニューは、「バター明太子」と「近江のしば漬け」。おにぎり以外だと醤油、生姜、にんにくで漬け込み、カラッと揚げた「唐揚げ」。


最近、ベトナムのコンビニでもおにぎりを見かける事はありますが、お米がギューギュー、具材が「これは何?」という感じなので、日本のデパ地下のようなラインナップのおにぎりやお惣菜を買えるの最高ですね!

朝食は、もちろんお昼のお弁当として、和食が食べたいときにもお勧めです。

店主のこだわり

ここからは、料理家千鶴さんの料理へのこだわりをご紹介いたします。

お米

使用しているお米は「RA1」というコシヒカリがルーツの高品質なジャポニカ米のみ!
千鶴さんは、お米の取扱店「Riz Auster」と協力し、おにぎりを通じて日本のお米の魅力をベトナムに向けて発信しています。

おにぎりってシンプルな料理な分、お米の質で味の善し悪しが変わりますよね!
お米のこだわり、ありがたいです!

調味料&具材

お店で使う醤油、酒、みりん、といった基礎調味料は店主の田中さんが、長年使っている関西のメーカーのみを使用しています。
混ぜご飯のおにぎりに使われている胡麻は、煎りたてを毎回手摺りして加えています。
人気の「近江のしば漬け」おにぎりに使われている「しば漬け」は、滋賀県の漬物屋からお取り寄せしています。
サーモンは、ノルウェーから1匹丸ごと仕入れて調子しています。

その他のメニューもこだわりが詰まっています!

デリバリーや、momiji以外の店舗でも販売中

以下の店舗でも商品を取り扱っております。

デリバリー

Capichi:https://order.capichiapp.com/ja/restaurant/364

お店

ケータリングや定期契約も募集中

店頭販売や、デリバリーの他に、企業やサービスアパートメントの朝食サービスの定期契約や、パーティーなどのケータリングも随時募集中です!
詳しくは、お店にお問い合わせください。

お店情報

momiji
住所:32 Đ. Tây Hồ, Quảng An, Tây Hồ, Hà Nội
電話番号:0901 722 356(日本語可)
営業時間:7:00~13:30
定休日:月曜日
Instagram:https://www.instagram.com/momiji.hanoi/
Capichi:https://order.capichiapp.com/ja/restaurant/364
Facebookhttps://www.facebook.com/momiji.hanoi

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。



この記事が気に入ったら、投げ銭をお願いします

最小15円から投げ銭可能! 皆様からのサポートが、励みになります。
ご支援ありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市出身。2013年6月からベトナム・ハノイ在住。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。