本当にロンビエン橋は、横たわるエッフェル塔なのか?比較してみた

本日、9月4日は『ベトナム独立記念日』の祝日を含めた3連休の最終日ですね。
ベトナム在住の皆様はいかがお過ごしでしょうか?3連休を利用して旅行に行かれた方も多いかもしれませんね!
そんな本日の記事は、筆者が先月訪れたパリのシンボル『エッフェル塔』と「横たわるエッフェル塔」という異名もある、ハノイのロンビエン橋を比べて見ちゃいました!

ロンビエン橋とは

ハノイ市内にある、紅河(ベトナム北部を流れる河)に架かる鉄橋。

フランス植民地時代、ハイフォンに港が開かれたことをきっかけとして、ハイフォンとハノイを鉄道で結ぶため造られた。
当時のインドシナ総督、ポール・ドゥメール(1897年から1902年の5年間総督を務め、住民からの土地税及び人頭税、塩やアヘンなどを専売して得た莫大な利益で大規模な公共事業を多く行ったとされる人物。)により計画される。
設計を担当したのはパリのエッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルとの説もあるが、真相は不明。
鉄骨によるトラス構造(三角形を基本単位に、その集合体で構成する構造形式。)、美しい曲線を持つこの橋は、当時インドシナで最も大きく美しい橋といわれていた。

全長は1700メートル。
1889年に着工し、1902年に完成した。
建設はフランスのDayde et Pille社が担当。
引用:HowTravel

と上記にも記載されております通り、エッフェル塔と同一人物が設計したとの説もあるロンビエン橋なのです。

遠方から見たエッフェル塔とロンビエン橋

エッフェル塔エッフェル塔

ロンビエン橋 (6)ロンビエン橋

エッフェル塔 (2)エッフェル塔

ロンビエン橋 (5)ロンビエン橋

エッフェル塔 (5)エッフェル塔

ロンビエン橋 (7)ロンビエン橋

Halca
とりあえず、パリの空の色が綺麗過ぎて、ハノイの空と比べてみて笑ってしまいました。すみません。
これでも、ハノイは青空の日が少ないので、これでも晴れた日を狙って撮影しに行ったのですが、空の雰囲気が全然違いますね。

近くから見たエッフェル塔とロンビエン橋

エッフェル塔 (4)エッフェル塔

ロンビエン橋ロンビエン橋

エッフェル塔 (3)エッフェル塔

Halca
エッフェル塔は、実際に見るまでは、日本にあるテレビ塔の様なものを想像していたのですが、実際に近くで見ると造りが繊細で、フォルムがとっても綺麗で、芸術品でした!

ロンビエン橋 (2)ロンビエン橋

Halca
ベトナム戦争中、米軍により何度も破壊されながらも修復されて使われている為、ところどころ継ぎ足しや色が違う部分があるのですが、それにしてもエッフェル塔と比べてしまうと・・・筆者はちょっと違うかな?と感じました。

感想

いかがでしたでしょうか?筆者は、建築家でも研究家でもないので、検証により結果を出すことは出来ないのですが、実際に見比べてみる事が出来て、楽しかったです。(子供みたいな感想ですみません)
正直なところ、ロンビエン橋が「横たわるエッフェル塔」かと聞かれると違う気がしますが、筆者は空気が水分を帯びてぼやっとにじんで大きくなった夕日に照らされるロンビエン橋の景色が大好きです。

おまけ

ロンビエン橋 (3)旧市街の方からロンビエン橋を渡り切るとこんな景色になっています。
ロンビエン橋 (4)車は通れない橋なので、バイクだらけです。

ロンビエン橋
住所:Cầu Long Biên, Phúc Tân, Hoàn Kiếm, Hà Nội

エッフェル塔
住所:Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris, France

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。