ハノイの日系美容室AUBEヘアデザイナー2人にインタビュー【前編】

今回は新企画!動画でインタビューをお届けいたします。いつもインタビューは文字起こしして記事にしているのですが、今回はサイト公開から3ヶ月が経ち新しい事に挑戦したいな!2人同時にインタビューしてみよう!だったらいっそ、動画を撮っちゃおう!という事で今回の企画が決まりました!(快く引き受けて下さったAUBEのお2人ありがとうございます!)

出演者紹介

Kazutoshi Sato

Directorsatosan1 AUBEの頼れるお兄さん。意外とお茶目なところも魅力的

Kosuke Segawa

Hair top designersegawakun AUBEのやんちゃっ子。人懐っこさと秘めた情熱の持ち主

Halca@Earth

Interviewerきりん人間以外にもインタビューします。

インタビュー

ちょっと長いですが、楽しんで頂けると嬉しいです。


こうして、映像にうつる自分の会話を見ると思い付きの訳わからない事を沢山喋っていて困った子だなと反省しております。それを上手く拾ってくれたりツッコミ入れてくれたりするAUBEのお2人にとても救われました!感謝の気持ちでいっぱいです!!!(今後はもうちょっと話をまとめたり、ツッコミ入れたり出来るように頑張ります。)

補足

映像中の質問内容で、ちょっとわかりづらかったかな?という事を補足します。
・『あまり納得できない流行りの髪型はありますか?』の回答で頂いた『ゲジゲジ』パーマ。
これは、ベトナム人女性が髪の毛のボリュームを出すために部分的にワッフルパーマをかけている事です。
ゲジゲジ1こんな感じで、髪の毛の内側にゲジゲジかけるわけです。
ゲジゲジ2上にある時は良いですが、髪が伸びてきて毛先にくると大変ですね。


・『鏡に映るお客様の髪と実際の髪とはどう使いこなしているんですか?』これは、質問内容がわかりづらかったかなと思うので、補足すると『鏡の中に写っているお客様の髪型と実際に見た感じと左右逆になるけど、どう気を付けているの?』って感じでしょうか。
AUBE2こんな感じですね。動画中でもこの質問が筆者の妹からのものだと言いましたが、実は筆者の妹ちゃんは本当は美容師さんになりたかったので、こういう質問が出てきたんだと思います。肌が弱い妹にはシャンプーやカラーリングなどの業務は過酷過ぎると親に反対され美容師を諦め、同じ『美』を追求できるエステティシャンになったので、今回質問に答えてもらえて嬉しかったみたいです。←姉バカですみません笑

おまけ

chair撮影の為に一生懸命椅子の高さを上げてくれる2人の様子がなんだか可愛らしくて筆者的にツボでした。筆者の気持ちが伝わるかわかりませんが、読者の皆様にもおすそ分け致します(笑)
さてさて後編は、もう少し軽快な映像になるよう編集頑張ります!ただいま編集ソフトの勉強中ですので、後編しばしお待ちくださいね!
後編完成致しました。後編(http://viethich.com/beauty-salon-aube-japan-2/)こちらも是非ご覧頂けると嬉しいです。

Beauty salon AUBE Japan
住所:241、Xuân Thủy、Dịch Vọng Hậu, Cầu Giấy、Hà Nội
(ウエストタワー1F.レジデンス入口横)
電話: (024)3224-2954
電話:0120-5319-153(日本人専用)
平日: AM10:00~PM20:00
週末(祝日): 09:00~19:00(L.O.18:00)
定休日/火曜日
カード支払い可
Homepage:http://aube-japan.com/ja/
Facebook:https://www.facebook.com/AUBE.JAPAN/
アメブロ:Segawa kosuke Vietnam Hanoi Life

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。