【女性向け】ベトナム・ハノイで下着を買うにはどこに行けば良いの?

今回は、筆者がよく新しくハノイに来た女性から聞かれる「下着(ブラ&ショーツ)」についての記事を書きたいと思います。
ハノイの街では、道を歩くと比較的そこらじゅうに下着が売られてはいるのですが、大体がAカップ、それに恐ろしいほどのパッドが入ったものばかりで、日本人に合う物はほとんど売られていません。

ロッテセンターハノイ

筆者が、下着購入で悩んでいる人にお薦めしているのは、ロッテセンターハノイとパークソンズの下着売り場です。(住所は本記事の最後に記載いたします。)
今回は、ロッテセンターハノイの下着売り場をご紹介致します。

ロッテセンターハノイ3階下着売り場

ロッテタワーエスカレーターを降りて左側に進むとかなり広々とした下着売り場が現れます。下着売り場 (2)下着売り場ってなんだかワクワクするのはきっと筆者だけじゃないはずです!新しい下着を身に付けるのって楽しみですよね。
ワコールワコールもあります。お値段は、日本円でブラ5,000円前後、ショーツ1,000円前後と日本で購入するのとほとんど変わらないお値段です。
トリンプトリンプもあります。
下着売り場 (3)店内奥に進みますと・・・。
セクシー下着セクシーランジェリーも売られています。こちらのお値段は、ブラ1,190,000VND(≒5,300円2016年08月現在)、ショーツ450,000VND(≒2,000円2016年08月現在)です。
なかなかのお値段ですね。
余談ですが、筆者はこのセクシーランジェリーを見て、筆者がオーストラリアに住んでいた時に小悪魔系台湾女子が、これに似た下着を買ってきて「今日これを着て彼と初デートなの!」と言っていた事を思い出しました。勝負下着を普通に見せてもらえた事に日本人の筆者はかなりたじたじだったのですが、彼女は、その後無事デートの相手と結婚し、現在では一児のママになっています。筆者は相変わらずの独り身なので、もう少し考えた方が良いかもしれませんね・・・(苦笑)

売られているのはBとCがメイン

かなり数多くの下着が売られてはいるのですが、あまりサイズは無くBとCがほとんどです。
好みのデザインを探すというよりも、自分に合ったサイズの下着を探すという感覚で行った方が良いと思います。

日本から持参するのをお勧めするもの

キャミソールブラ


http://amzn.to/2bJVrVb

ハノイは、湿気が多くかなり蒸れるので、日本でキャミソールブラを購入してきて付けている人も多いです。ハノイでは、質の良いキャミソールブラはあまり見かけた事がないので、こちらは日本から持参するか、お隣タイはバンコクに行くとユニクロが沢山あり購入できますので、お薦めです。

サニタリーショーツ


http://amzn.to/2bRhjS3

筆者は、ハノイでほとんどサニタリーショーツを見た事が無いので、日本から持参する事を強くお勧めいたします。

おまけ

おしりパッド (2)こちら、ハノイの下着が売られているマーケットの様子です。何か不思議に思う事はないでしょうか?
おしりパッドそうです。おしりを大きく見せる為のパッド入りショーツが売られているのです!
おしりパッド (3)拡大するとこんな感じです。はい、完全におしりです。
ベトナム人女性は、おしりにお肉がなく、ストーンとした体形の子がほとんどで、それがみんな嫌みたいなので、この様なものが売られている様です。
お尻が小さくて悩んでいる女性は、是非購入してみて下さい(笑)

ロッテセンターハノイ
住所:Đào Tấn, Cống Vị, Ba Đình, Hà Nội

Parkson Thái Hà※閉店
住所:Số 1 Thái Hà, Thái Hà, Trung Liệt, Đống Đa, Hà Nội

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

最終更新日:2017年04月28日


PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。