ハノイで美味しい釜飯が味わえるお店 “釜飯と串焼き居酒屋ちょうちん”

今回は、Kim Ma通りにある居酒屋「ちょうちん」さんをご紹介いたします。
こちらのお店の目玉は、お米から30分かけて炊き上げる「釜飯」です。

釜飯と串焼き居酒屋ちょうちん

外観

お店は、Kim Ma通りから535の小道に入った直ぐの場所にあります。お好み焼きの千房さんが入っているのと同じ建物の3階です。

店内の様子

こちらが、お店の入り口です。
入り口に飾られてある甲冑が目を引きます。
お店の名前にもなっている提灯がたくさん飾られています。
店内にいると日本にいるかのような気持ちになります。店内には、ボックス席と個室があります。こちらは、ボックス席の様子です。
こちらは、個室の掘り席です。間仕切りを外すと最大32名までが入れる大部屋になります。こちらは少人数用の個室です。中はこのような感じです。

メニュー

Chouchin menu (2)
Chouchin menu (1)
Chouchin menu (12)
Chouchin menu (3)
Chouchin menu (13)
Chouchin menu (4)
Chouchin menu (5)
Chouchin menu (6)
Chouchin menu (7)
Chouchin menu (9)
Chouchin menu (10)
Chouchin menu (11)
Chouchin menu (8)
previous arrow
next arrow

手作りのお惣菜や、串焼きなど居酒屋料理がリーズナブルな価格で食べられます。飲み放題付きの宴会コースもあるそうです。

料理

まず始めに可愛いスタッフさんがお通しを持って来てくれました。この中から好きなものを1つ選びます。どれも美味しそうで迷ってしまいます。チャーシュー盛り 98,000VND(≒463円2019年01月現在)
お店のおすすめメニューの1つ。味がしっかりとしみ込んでいて柔らかくて絶品です。煮卵が付いているのも嬉しいですよね。サーモンユッケ 128,000VND(≒567円2019年01月現在)
ハノイで有りそうで無かったサーモンユッケ! タレが絶品で、サーモンとアボカドによく絡んで美味しいです。ボンジリのうま焼 78,000VND(≒368円2019年01月現在)
一羽にわずかしかない、希少な部位であるボンジリのうま焼。ぷりぷりとした食感がやみつきになります。ねぎとろ 98,000VND(≒463円2019年01月現在)
私は、ねぎとろが大好きなので、1人でパクパクと食べてしまいました。ハノイでは、なかなか美味しいねぎとろと出逢えないので、かなり貴重です。肉巻きおにぎり 78,000VND(≒368円2019年01月現在)
串に刺さったこの形! 凄い食べやすいです。ご飯にまで味がしっかりとしみ込んでいて、最高です。いくらでも食べられます。昔ながらのコロッケ 68,000VND(≒321円2019年01月現在)
この素朴で普通のコロッケってハノイでは、なかなか食べられないので、出てきた瞬間テンションが上がって、どの料理よりもたくさん写真を撮ってしまいました(笑)。日本で食べるのと変わらない懐かしくあたたかい味で美味しいです。

ちょうちんの釜めしは、3度おいしい

お待たせしました! 〆はもちろん炊きあがったばかりの釜飯です。待ってました!
今回注文したのは、王道の五目釜めしです。 138,000VND(≒652円2019年1月現在)
まずは、そのままでじっくり炊き込んだ具材とその旨みがしみこんだご飯をいただきます。
続いて、お好みの薬味を乗せて。最後は、あつあつの鶏出汁を注いで、お茶漬けに。最高です。


いかがでしたでしょうか? 
ハノイもまだまだ寒さが続く季節、ホッカホカの釜飯を食べて身体も心もほっこりと温めてくださいね。

お店情報

釜飯と串焼き居酒屋ちょうちん
住所:3F 5/535 Kim Mã, Ba Đình, Hà Nội
電話番号:024 3525 8989
営業時間:11時30分~14時30分(L.O.14時) 17時00分~22時30分(L.O.21時30分)
Facebook:https://www.facebook.com/chouchinhanoi/

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。



この記事が気に入ったら、投げ銭をお願いします

最小15円から投げ銭可能! 皆様からのサポートが、励みになります。
ご支援ありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。