明日開催!ロボットコンテスト2018ニンビン大会のテストランに大潜入

この記事は約 4 分で読めます。

ロボコンと聞いて何を思い浮かべますか?

筆者は、真っ先に映画「ロボコン」が思い浮かびます。


https://amzn.to/2MQjhEw

2003年、この映画を観ながら筆者は「いつか、本物のロボコンをこの目で見たい!」と強く思いました。
それがまさか、ベトナムで叶う日が来るとは、思ってもみませんでした。
さてさて、思い出話はこの辺で、本題に入ります。
今年のロボコンの競技テーマは、ベトナムの伝統行事「シャトルコック投げ」をモチーフに作られています。
詳しくは、下記動画をご覧ください。

ルールについてもこちらの動画で説明しています。
日本語字幕入りをご覧になりたい場合には、こちらからどうぞ。
みなさん、これでロボコンの下準備はバッチリですよね!? それでは早速会場の様子を見ていきましょう!

ニンビンスポーツセンター

こちらが、今回のロボコンが行われる会場「ニンビンスポーツセンター」です!

組み立て&テスト会場

まず初めに訪れたのは、特設の組み立て&テスト会場。中では、組み立てたロボットのテストが行われていました。ただ、特設テントだけあって、暑い! 選手の皆さん汗をかきながら、練習していました。まずは、日本ブースにお邪魔しました。
みなさん、真剣にロボットのチェック中。邪魔にならないようそっと見守ります。
「オムニです」「オムらいす」……?? とても高度なジョークです。続いてベトナムブースへ。自国での開催ということで、2チームが参加しています。空輸でロボットを運ばなくても良いおかげか、自国の気候に慣れているからか、笑顔が見えて余裕な様子です。
こちらがベトナム1チームのロボット。赤に☆ まさにベトナムです。ちょうどインタビューが行われていたので、こっそりお話を聞かせてもらうとベトナム1チームのライバルは「中国」とのこと。うーむ、日本は??続いてお隣ベトナム2チームのブースにもお邪魔しました。こちらもなんだか楽しそう。こちらは赤と青のロボットの様です。こちらでもインタビューが行われていたので、聞いてみるとベトナム2チームのライバルは「自分自身!」とのこと。えー、日本は? 日本は? と思っていたところ、ロボコンは今年開催17回目を迎える中で、中国5回、ベトナム6回優勝している強豪国なのだそうです! 日本は、2度優勝しており、今回3度目の優勝を目指しています。

ちなみにインタビューアーさんにこっそりと「日本チームは何処がライバルと言っていたのですか?」と聞いてみたところ、「中国とベトナムと答えていましたよ」とのこと。やはりライバルは、その2か国のようです。頑張れ!!なんて、やり取りをしている間に気付いたらベトナムチームは、ロボットの組み立て完了! リハーサルに向けて待機していました。

ロボコン会場

ベトナムチームが、本会場でテストランを行うというので、ついていきました。
気合十分のベトナムチーム。ちなみにロボットが物を投げる競技のため、頭を守るために選手はヘルメットを被っています。会場には、ロボコンの看板が飾られています。このキャラクター可愛いです。スクリーンにもロボコン!
こちらベトナム1チームのロボット。本番さながらのテストランが行われます。さて、どんなチームプレーを見せてくれるのか!? それは本戦までのお楽しみです。
続いて噂の中国チーム登場!
黒くてカッコいいロボットです。どんなチームプレーを見せてくれるのでしょう!?
本記事で最後にご紹介するのは、もちろん我らが、日本チーム!ワクワクします!
……彼女!?確認してみたところ、シャトルコックを投げるのが、「彼女」ロボットで、シャトルコックを運搬するのが「彼氏」ロボットなのだそうです。
女性を男性がサポートする。なんとも現代的です!
特設テントでは必死な様子でしたが、こちらに移ったら笑顔が見えてきました。
間もなくテストラン開始です。
ロボットを設置し……シャトルコックの準備。選手から笑顔が出ています。楽しそうです!

なんと日本の様子は、動画で観れちゃいます! みなさん観てください日本チームのこのスピード!!! 凄いです!

明日の試合もこの調子で頑張ってください!頑張れニッポン!!

ライブ配信されます!!!

ここまで、紹介されたら試合の様子も観たい!!!! と思われたかたも多いですよね!? ご安心ください!
なんと明日、8月26日(日)午後1時30分頃(日本時間/11時30分頃ベトナム時間)から下記サイトにてライブストーミング配信が行われます。
要チェックです!!!

https://www.nhk.or.jp/robocon/abu/index.html

今回、このような機会をくれた青年海外協力隊員百瀬さんとNHKの皆さまに大感謝です。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。