日本人とは全く違う!? ベトナム人女性の恋愛観教えます!

この記事は約 12 分で読めます。

大好評につき『jNavi』さんとのコラボ企画第2段!

皆さん、ベトナム人女性がどんな恋愛観を持っているのか気になりませんか?
私は、とっても気になります(笑)。ということで今回は、『jNavi』の素敵なベトナム人女性の皆さんに恋愛観についてお伺いしました。

今回も、彼女たちの日本人マネージャーKさんからのコメントと共にお楽しみください。

メンバー紹介

今回も前回と同じメンバーにお話しを伺いました。
なお、回答者の既婚・未婚は、ひみつ!(既婚者います)とのことです。

Zin Zin 出身地:バクザン県
日本渡航理由:2016~2018 家族帯同(日本滞在期間:2年間)
好きな日本語:平和
好きな日本人:Abe Shinzo(理由:テレビ、Facebookでよく見るから。)
趣味: 飲食、ファッション、音楽

Nicky 出身地:バクザン省
日本渡航理由:2014年に日本へ留学(日本滞在期間:1 年間)
好きな日本語:熱心
好きな日本人:宮﨑 駿(理由:アニメが素晴らしいです。)
趣味: 旅行、ピアノを弾くこと

Harumi  出身地:Ha Noi
日本渡航理由:2017年に日本へ研修(旅館)(日本滞在期間:1年間)
好きな日本語:安
好きな日本人:Shinzo Abe(理由:世界で有名)
趣味: 本を読むこと

Hanako 出身地:Vietnam ビンフック省
日本渡航理由:2015年に日本へ留学(日本滞在期間:1年間3カ月)
好きな日本語:心
好きな日本人:山﨑 賢人(理由:イケメン)
趣味: 音楽、本を読む

Kマネージャー
ベトナム在住日本人男性(既婚者)。今回の参加メンバーのマネージメントをしている。

インタビュー開始!

日本では、好きな人がいるとき、男性からアプローチするのが一般的です。ベトナムでは女性からもアプローチしますか?


Zin Zin ベトナムでも恋愛においては男性からアプローチをします。でも、男性からだけじゃなくて最近女性からも告白をすることが多くなりました。男性からか、女性からか、その割合はほぼ同じと思います。二人とも相手に好意を持っているのに、恥ずかしくて相手に告白しなければ、その愛は片思いで終わってしまいます。それは残念ですよね。

Nicky ベトナムでも好きな人がいるとき、一般的には男性からアプローチします。しかし現在では恋愛のアプローチは平等なものと考えられていて、女性からもアプローチします。

Harumi  そうですね、女性からもアプローチします。

Hanako はい。昔、男性からアプローチするのがメインでしたが、最近女性からもアプローチするのは一般になっています。

Kマネージャー 「肉食系女子」に対して、「草食系男子」が増えた日本ですけど、ベトナムではそんなことはなさそう?に感じます。男性のみなさんもコミュニケーション能力が高いですよね。

職場恋愛(同じオフィスの人同士で付き合うこと)どう思いますか?

Zin Zin 毎日彼に会えるし、ランチが一緒に食べられるし、一緒に通勤できるからいいですね。しかし、あるアンケートによると、職場恋愛をするカップルの90%が別れるという話がありました。結婚するカップルは、わずか10%です。職場恋愛では、仕事に対する集中力が落ちるかもしれません。職場で衝突や口論が起こり、別れるきっかけに至る可能性があります。このことから、社内恋愛はしない方が良いと思います。

Nicky ベトナムでは普通です。会社員は忙しくてオフィス以外で「出会う」チャンスは少ないので、会社のパーティーや社員旅行で好きな人を作ることができます。

Harumi  ベトナムには『先生の子供、友達の奥さん、職場の同僚』というフレーズがあります。男性にとって、「自分の先生の子供」「友達の奥さん」「職場の人」これらの人たちとの恋愛関係は気をつけなければならない、ということです。職場では一番優先なことは仕事ですから、付き合っている人とけんかしたら、仕事に大きく影響すると思います。

Hanako 同じオフィスで働ければ、仕事をしている中で話し合うチャンスが多いし、同じ職場で一緒に同じ時間を過ごすので、恋愛感情が起きやすいと思います。

Kマネージャー ここは意見が分かれましたね。Harumiさんの教えてくれた『先生の子供、友達の奥さん、職場の同僚』・・・なんとおもしろい「ことわざ」! 私は日本で「職場の人」と結婚しましたけど、このことわざに当てはまっています。(笑)とはいうものの、ベトナムでは社内恋愛がタブーとされているわけではないようですね。このことわざ作った人は、どんな人生からこの教訓が生まれたのか気になります。

ベトナムでの恋人との「出会いの場」はどこですか?

Zin Zin 周りの人は、ほとんど友達からの紹介です。ちなみに私のパートナーは友達の友達でした。友達の誕生パーティーとか旅行会から知り合うこともありますね。ベトナムではインターネットやアプリなどをきっかけとした恋愛は、そのまま結婚までいくことが難しいです。安心出来ない、信じられないと感じるからです。

Nicky ベトナムでは、パーティー、旅行、友人の結婚パーティーで出会ったり、仲人のサポートで恋人を見つけたりすることができます。

Harumi  「出会いの場」となるアプリは、ベトナムにもあります。でも、信頼性があまり高くないと思います。

Hanako 直接的な出会いの方がアプリで出会うより好きです。直接会えば、相手の性格、癖を直観的に理解できると思います。最近、インターネットや「出会い系」アプリなどで出会うのにはリスクが多くあります。出会い系アプリで出会った人と実際に会った人は全然違う、又は実際は未成年者である場合があります。

Kマネージャー ベトナム人は日本人に比べて、外に出かける機会が多く、アクティブなので、「出会い」が多いのでは?と感じます。みなさんパーティーやイベントに積極的に参加していますもんね。私はあまり得意ではないので、その姿勢を学びたいです。

デートはどんなところに行きますか?

Zin Zin 映画館、喫茶店、一緒にロマンティックな観光地へ旅行に行きます。

Nicky 映画館、喫茶店に行きます。

Harumi  レストランやコーヒー屋などです。

Hanako ミルクティーを飲みに行きます。週末であれば、どこかで食べに行って、映画を見に行きます。

Kマネージャー デートスポットは、日本の方が選択肢が多いかもしれませんね。テーマパークなど無数にありますから。しかし、無数にあるので、センスが問われるのが日本人男性の宿命でしょうか。(笑)「喫茶店」で相手を楽しませるトーク術を、私たち日本人男性は学ぶべきですね。

ベトナムでは、付き合う=結婚というイメージがあるのですが、最近のベトナムの女性はどうですか?

Zin Zin 私としては付き合う時間は大切です。その間に相手の性格、考え方、目的などを少しずつ知ることができます。付き合うのは結婚への準備、「ステップ」のひとつとして考えます。しかし、最近ベトナム人の中にはそういう考え方をしない若い女性が多くなりました。すぐに結婚することも多いです。

Nicky 最近の女性にとって、付き合う=結婚というイメージがないかもしれません。愛はただの愛であり、結婚を決めるには、恋人についてもっと理解する時間が必要です。

Harumi  これは人の考えによって違います。付き合ってすぐ結婚する人もいるし、長い時間付き合っても、結婚してない人もいます。 私にとって、付き合ったとしても、必ず結婚する必要はありません。人生の中で結婚は一番大切だと思いますが、付き合ったから結婚すると考えてしまっては、あらゆる面で将来の自分のチャンスが失われるかもしれません。

ちなみに・・私の理想の人は面倒見がよくて、気が利く人です。結婚したら、死ぬまで一緒に住みますから、病気などの時に安心したいからです。次は収入が安定している人です。幸せな生活のためには、経済力も大切なことです。

もう一つは男性なら謙虚な人がいいです、どんなにすごい人でも、自慢ばかりする人は、あまり好きではありません。

Hanako 私にとって、結婚はとても重要な決定です。現在のベトナムでは、安定的な仕事があるし、高い収入がある女性がますます増えています。そのため、付き合っても、結婚するとは限りません。付き合う中で、性格が合うと感じ、両親が同意すれば、結婚すると思います。

Kマネージャー みなさん深い恋愛哲学を持っているのですね。ベトナムの女性は慎重派の人が多いことがわかりました。あとは、家族の同意、というのを最重視している点は日本と少し違うかもしれませんね。

日本では、結婚したら仕事を辞める女性が多かったですが、ベトナムでは結婚しても仕事を続ける女性が多いイメージがあります。それは何故ですか?

Zin Zin 昔は、女性は結婚してから家にいて、家族の世話をすることが一般的でした。しかし最近、そのような女性は少なくなりました。会社で仕事をして、夫と収入を得ます。これは、家の外に出て、精神的にも肉体的にも開放されるためです。現代の女性は、美しく、知識、経済力(お金)があって、家族を養えることが理想です。
これらのバランスを取ることは、快適な生活をもたらすのに役立つと考えています。

Nicky ベトナムでは、男性と女性の両方が家族の責任を背負っています。 お金は幸福を保つ鍵です。夫と一緒に子供たちを養うため、ベトナム人女性のほとんどは結婚後にも仕事を続けることを決めます。

Harumi  現代の女性は結婚生活と仕事がバランスできる人だと考えます。なので、ベトナムでは女性が結婚しても、仕事を続けるのは普通です。昔は、女性のミッションは家庭と子供のことでした。でも、そんなことは今なくなり、社会において、男性と女性は同じ立場です。

Hanako ベトナムでは結婚した後もそのまま仕事を続けます。結婚したら仕事を辞める女性が少ないと思います。結婚した後に、ベトナム人は家を買いたいと考えます。ベトナム労働者の平均収入は高くないので、男性しか仕事しなければ、困難です。また、最近の女性は社会においてネットワークを構築するために、仕事を続けると思います。

Kマネージャー ここは日本が強く関心を持ちたいところですね。女性が結婚後も働きやすい環境、制度、社会。ベトナム社会から学ぶべきテーマだと感じます。

「結婚適齢期」(結婚するのに、ちょうどいい年齢)は、何歳くらいですか?

Zin Zin 25~27歳ぐらいが、ちょうどいい年齢と思います。もし特別な事情がある場合は29歳ぐらいで結婚しても良いです。30歳後だと、ちょっと遅いと言われます。

Nicky 昔から、ベトナムの結婚適齢期は28才(男性)、22才(女性)と言われています。現在は30才以上(男性および女性)で結婚する人も多く、結婚したくない人と考える人も多いです。

Harumi  ちょうどいい年齢は(男25~35、女24~30)だと思います。
しかし、年齢は大切じゃないと思います。相手がいい人で、結婚生活に覚悟があって、いいときも悪いときも一緒にそばにいたいと感じたら、結婚できると思います。
早く結婚を急いでしまったら、いざ結婚生活を送って、『間違ったかなあ?』と思う人が多いと思います。

Hanako 地域によって違いますが、結婚するのに、ちょうどいい年齢は男性が26才くらい、女性は23才くらいです。田舎であれば、男性は22才くらい、女性は18才くらいです。都会、近郷などであれば、少し遅く結婚すると思います。

Kマネージャー 適齢期の考えは日本と大差ないように思います。日本では昨今、「生涯未婚率」が取り上げられることもありますが、まだベトナムは、そのような議論はなさそうですね。毎週末、いたるところで結婚式が行われているのを目にします。

日本人男性の魅力ってどんなところですか?


Zin Zin 優しい人です。知識も広いです。色々な分野の知識を知っています。このことは素晴らしいと思います。

Nicky やさしいです。私の日本人の友人はベトナム人女性と結婚しました。彼は相手に自分の気持ちを示すことはめったになく、奥さんは強い女の子で、家のことをすべて決めました。やさしい彼は、奥さんが怒ると、どうしたらよいか分からないと不安がっています。

Harumi  特別なことはありませんが、日本人男性の声が聞きやすくて、話が上手だと思います。

Hanako 基本的に日本人も、ベトナム人も、アジア人は全員同じと思います。ヨーロッパの男性(ロマンティックで、モテる人)と比べて、あまり魅力ありません。

Kマネージャー ・・・・・ 日本人男性のみなさん、もっとがんばりましょう!(笑)

日本人男性に気をつけてほしいことは、ありますか?(レディファーストなどの作法、会話の仕方など・・)

Zin Zin 日本人男性は仕事に集中している人が多いので、恋人を気にかけて、話を聞いてあげることが大切です。また自分の困っていることなどを、自分で抱え込まず、共有する姿勢も大事です。

Nicky ベトナムの女の子と結婚する場合、生活にいろいろな問題が発生したとき、喧嘩もあると思います。その時、やさしすぎるのは良くありません。自分の意見をはっきり言う必要があるときは、きちんと伝えてください。

Harumi  ベトナム人にとって、日本人男性は「仕事が一番」の人たちです。
仕事だけに中心してはストレスが重なるかもしれません。好きな人と大切な時間を過ごせるように、リラックスする時間を作って、毎日良い日を過ごしてください。

Hanako 生活と仕事の中において、日本人男性はちょっと固いと感じます。出来れば、女性を気にかけ、お互いに尊重する気持ちを持つべきだと思います。

Kマネージャー なるほど・・仕事一筋ではダメですね。ベトナムでは女性の日などを通して「感謝」を伝える機会が多いのは良いことだと思います。また、ベトナム人を奥さんに持つ私の知人には、たしかに「意見をしっかり言える」人が多いなと思います。作法うんぬんよりも、中身が重要だとわかりました!


ハノイに住み始めて7年目、私が勝手に解釈していたベトナム人女性の恋愛観とはだいぶ違う回答が返ってきて、とても興味深かったです。なんとなーく理解できる事もあれば、感覚が全く違うなと感じる部分もあってお話しが聞けて良かったです。

今回も『jNavi』の皆さん、赤裸々トークありがとうございました!
1回目もとても素敵な内容になっておりますので、まだ読んでいない方は、是非!

日本滞在経験のあるベトナム人女性たちから見た日本とは⁉


jNavi‐日本の仕事・生活情報を提供する情報メディア
https://jnavi.yoiwork.com/vi/
2019年8月リリース。日本の生活、文化に関する情報、時事ニュース、ビジネスマナー、履歴書の書き方など、日本で就労・留学・生活するためのあらゆる情報を掲載。「jNavi」Facebookページでは、ベトナム人を中心に、すでに1,000人以上のフォロワーを獲得。

会社情報

社名:Control HRT Vietnam Corp.
ページ情報:https://www.facebook.com/jNavi.yoiwork/
連絡先:kikuchi@controlhrt.com紹介文:
Control HRT Vietnam Corp.は2019年3月設立。自社システムの開発拠点および人材サービスを2軸として、ベトナムハノイに事業を展開。2020年1月にはITエンジニアを中心としたベトナム人材の日本就職をサポートするマッチングサイトをリリース予定。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。