ベトナムで手に入るパーフェクト食品! 非加熱の生はちみつ

この記事は約 15 分で読めます。

皆さん、生はちみつって食べたことありますか?
私は、今まで全く生はちみつの存在を知りませんでした。

そこで本日は、ベトナム(ホーチミン、ハノイ、ダナン)で非加熱の生はちみつをメインとしたお土産を旅行者向けに販売提供しているYUGOC(ユーゴック)の日本人マーケット担当古川さんに色々とお伺いしてきました!

YUGOC日本人マーケット担当古川さんインタビュー

Halca
よろしくお願い致します。まずは、古川さんの自己紹介からお願い致します。
古川さん
はじめまして。
私は、2011年にベトナムに移住し旅行情報サイトなどを運営しつつ、2017年にベトナム人女性オーナーのゴック(Ngoc)が立ち上げたYUGOCを日本人に少しでも知ってもらえるよう日本人マーケットを担当しています。
Halca
2011年! ベトナム在住の先輩ですね。YUGOCの成り立ちについて、もう少し詳しく教えてください。
古川さん
はい。YUGOCは、2017年にベトナム人女性ゴック(Ngoc)が創業しました。
彼女が、25歳の時です。
Halca
25歳! ベトナム人女性は、若くして起業する方が多いイメージがありますが、Ngocさんもそうだったんですね。
古川さんは、どんなタイミングでYUGOCと出会ったんですか?
古川さん
私とNgocは知り合いで、彼女の田舎(メコンデルタ)で獲れる生はちみつを私が食べたら、とてもおいしかったため、「これをパッケージ化したら売れるのではないか」と話し合ったところからYUGOCがはじまりました。
Halca
おぉ! では、立ち上げ当初から携わっているんですね。

ゴック(Ngoc)さん写真右側

Halca
YUGOCの特徴を教えてください。
古川さん
YUGOCの特徴は非加熱の生はちみつを取り扱っていることです。スーパーで売っているものは加熱処理されています。

蜂蜜の栄養は40度以上で死滅をはじめ、60度以上になると栄養はほとんど残らないと言われています。そのため、非加熱の搾りたてで飲むのが一番なのです。

蜂蜜は酵素、ビタミン、ミネラルなどが満遍なく入っているため、パーフェクト食品として世界中で愛されています。

Halca
そうなんですね。非加熱と聞くと取り扱いが難しそうというイメージがあるのですが、商品化までの道のりはいかがでしたか?
古川さん
大変でした。

最初に商品化したのはコーヒー花とランブータン、竜眼の生はちみつです。それぞれ産地を変えて、養蜂場に直接行って仕入れの交渉をしていました。

旅行者に売るのだから品質も重要で、品質検査にしっかりとクリアできる養蜂場は数十件回って片手で数える程度でした。

写真提供:YUGOC

Halca
以前、ベトナムではちみつを買った友人からはちみつを飛行機に乗せたら気圧の変化で瓶の蓋があいてしまい荷物がはちみつだらけになってしまったと聞いたことがあるのですが、生はちみつをお土産用としてパッキングする際に注意していることはありますか?
古川さん
そうですね。蜂蜜を飛行機に入れると、長時間にわたる機内の振動で瓶の中の二酸化炭素が上がってきて、コーラを振ったときのようになって蓋では支えられなくなる場合があります。

弊社でもそのようなリスクはあるのですが、インナーキャップをつけて熱で縁を固定し、さらに仮に液漏れが生じても、他の荷物に影響を及ぼさないようにパッケージ袋に入れております。

Halca
インナーキャップ、蓋、パッケージ袋! 完璧ですね。
その他に苦労した点などはありますか?
古川さん
やはり仕入れ先、つまり養蜂場との関係ですね。なんというか、良くも悪くも田舎のベトナム人の気質なので……。

こちらが何日までに届けてくれといっても守ってくれませんし、品質をごまかされることもあります。

法律によって品質検査をしなければならないのに、「うちの蜂蜜はおいしいから検査なんて必要ない!」と激怒されたり……。安定した供給を続ける難しさというのが身に染みています。

Halca
そうなんですね……。
大変ですよね。現在他に取り扱っている商品はありますか?
古川さん
はい、現在は蜂蜜をメインにマカダミアナッツ、パームシュガー、ココナッツ酒、ココナッツオイルなどを商品化しており、これらはすべて100%無加工の自然食品としてパッケージしています。

Halca
100%無加工の自然食品! なかなかベトナムには無いものですね。
その他にYUGOCの特徴はありますか?
古川さん
「100%無加工の自然食品」の他には「ホテルデリバリーができる」ということです。
Halca
ホテルデリバリー!?
古川さん
YUGOCではハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市において、バイク便によるデリバリーサービスを実施しています。
Halca
便利ですね!
古川さん
もちろん販売店もあるのですが、ホテルで受け渡しができるデリバリーサービスが旅行者に大人気です。

ネット注文サイトでクレジットカード決済してもらうか、ホテルのレセプションにお金を預けるかしてもらえれば、バイク便がレセプションに商品を預けることができるので、お客様はホテルで待っている必要もありません。

Halca
観光している間にお土産がホテルに届くなんて最高ですね!
古川さん
代引き払いの場合も、旅行者は具体的な配達時間を指定することができます。

普通海外旅行先でネット注文なんてしないでしょ。なので旅行者に振り向いてもらえる最低限のサービスだと思っています。

また、パッケージデザインも気合いをいれています!

Halca
パッケージ大事ですよね~。中身が美味しいことはわかっているのに、なんでこんな見た目(涙)というお土産をよく見かけます。

写真提供:YUGOC

古川さん
わかります。ここ数年でベトナムもお菓子土産が一気に増えました。
ただ、まだなかなかTheベトナム土産というベトナムらしいパッケージが少ない気がします。
Halca
はい。
古川さん
私たちも試行錯誤の末、おいしいお菓子を作ったので、一人でも多くの旅行者の方々に手にとってもらえるよう、品質だけではなく、デザインにも気合をいれています!
Halca
有難いです!
古川さん
友人、家族、会社の先輩上司、取引先など誰に贈っても恥ずかしくないデザインを心がけています。
Halca
実際の反響は、いかがですか?
古川さん
最近は団体ツアー旅行者や出張者に好評をいただいております。実店舗よりもネット販売の方が少し安いためか、ネット注文を多くいただいております。

1人のお客様で生はちみつを30個ご注文いただいたこともありますし、「取り扱い商品を全部50セットずつ」というお客様もいました。メールでお話したところ、ツアー会社の方で、旅行者に配るとのことでした。

Halca
50セットずつ! 凄いですね。
これから、店舗拡大や日本進出などはあるんですか?
古川さん
はい。
実は、今年の10月から11月にかけて、YUGOCの商品の一部を日本でも買えるようになります。

メインはもちろん非加熱の生はちみつです。日本では健康食品としてネット販売します。

Halca
そうなんですね!
古川さん
ももショップ・ジャパンにて購入が可能です。

ただしお値段は高くなるので、ベトナムに来られる機会がある方やベトナム在住日本人の方は、絶対にベトナムで買った方がお得です。

Halca
ベトナム在住者には嬉しい情報ですね!
最後に今後の展望や、ベトナム在住日本人の方にアピールしたいことなどあれば、お願いします!
古川さん
今後もユーゴックは自然食品ブランドとしてさまざまなベトナムの“自慢”をお客様に提供していきたいと思っております。

旅行でベトナムに訪れた際は、是非一度ユーゴックの商品をご賞味ください。

また、ベトナム在住の日本人の中では知名度は低く、「ユーゴックを知らない」という人がほとんどかと思います。これからは在住者へもしっかりとPRを行い、生温かく見守っていただければ幸いです(笑)

Halca
ありがとうございました!

生はちみつ実食

今回、実際に非加熱の生はちみつをいただきました!

頑丈な箱に入っていて、箱もデザインも可愛らしくて日本へのお土産として自身を持って持ち帰れそうです。
実は、私甘い物が得意ではなく、はちみつも甘ったるくてパンケーキなどでも基本使わないのですが、こちらの生はちみつは、余計な甘さが無く、鼻に抜ける良い香りがして、舌ざわりもなめらかで美味しい! 最高のお味でした。

きっと私が甘ったるいと感じていたはちみつは、きっと様々な加工がされていたものだったんでしょうね……。

ベトナムで暮らしているとなかなか栄養バランスの取れた食事を摂るのが難しかったりするので、生はちみつは在住者の方にも凄くおすすめですね!

商品ページ

商品のお求めは、下記からお願い致します。

ユーゴック(ベトナム)
https://yugoc.com
モモショップジャパン(日本)
https://yugocjapan.com

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。