世界一周中の旅人、沼田基「ぬまっち」さんにインタビューしました!

この記事は約 17 分で読めます。

2015年02月にハノイで出逢い、バイクを譲り受けた旅人「ぬまっち」が、年越しをタイのバンコクで過ごすと聞き、年末年始にバンコクに行ってインタビューをしてきました~! 約3年ぶりに再会したぬまっち。相変わらず人を惹きつける魅力は変わらず、むしろ3年前よりも更にパワーアップしていました。
ちなみに譲り受けたバイクは、こちらです。

ベトナム・ハノイの修理屋にバイクを売って、中古バイクを買ってみた

世界一周中の旅人ぬまっちインタビュー

インタビューは、バンコクの日本人宿「Long luck guesthouse」にて行いました。

Halca
今日は、よろしくお願いします!
ぬまっち
こちらこそ、よろしくお願いします。
Halca
では、早速!
なんで世界一周をしようと思ったんですか?
ぬまっち
横浜にバーのマスターがいて、マスターが2年間でユーラシア大陸を横断したんですよ。

「楽しいから行けば」って凄い気軽に言われて、その時は「イヤイヤ!行かないっすよ」って返したんですけど、そしたらマスターが「まぁ、好きじゃないんだったらべつにいいんじゃないの」と。それが、なんだか引っかかって。

6年前ぐらい前に、タイとカンボジアを仕事休んで10日間、初めての陸路国境越えをしたんですよ。そしたら凄く面白くて、どうしよっかなって悩んで、仕事辞めて、(世界一周に)行くことにしたんですよ。

Halca
マスターの一言がキッカケだったんだね。

世界一周というと一体どれくらいのお金が必要なのか、見当もつかないのですが、行くまでにどれぐらいのお金を貯めたんですか?

ぬまっち
退職金とかも合わせて合計200万円ぐらい貯めて、旅に出ました。

でも、使ってなくなっちゃって、オーストラリアのワーホリに行って、ちょっとお金を足して、それでも足りなくなってしまって旅しながら色々な国でギターを弾いてバスキング*して、それで今まかなってるカンジです。トータル3年3ヶ月でいま900万円ぐらい使ってます。

*アイキャッチ画像にもなっている路上演奏

Halca
へーそうなんだ!!!
ぬまっちの旅をInstagramで見てると、けっこうリッチな旅しているもんね。
ぬまっち
リッチじゃないですよ~、貧乏ですよ(笑)
Halca
そうなの……か?
世界一周してみて、日本にいるあいだに「これだけはやっておいたほうが絶対イイ」っていうことは、ありますか?
ぬまっち
それはこれから旅に行く人に向けてってこと?
Halca
そう!
注射は打っておいたほうがいいとか、ここのビザとっておいたほうがいいとか。
ぬまっち
その辺の情報は、色んな人がブログに書いていて、簡単に検索して見られる時代だから、そういう注射とかビザのこととかの準備っていう意味ではインターネットで情報を得られると思うんですよ。

書いてないところでは、応援してくれる人をたくさん作っておいたほうがイイですね。

例えばお金に困ったとか、強盗に襲われたとか、いろいろあるんですよトラブルが。そういうトラブルが起きた時に、無償で協力してくれるというか助けてくれるような。

イヤらしくそういうのを探すんじゃなくて、ホントみんなのおかげで旅ができていると思って、大切な人に感謝して、最初に「ありがとうございます」っていう気持ちをしとけば繋がりができる。友達作りがイイかなぁと思います。

Halca
確かに私もいろんな人に助けてもらって今のベトナム生活があるな~。

ハノイ生活では、Facebookやブログでの情報交換が主流ですが、世界一周している人のコミュニティサイトみたいなものはあるんですか?

ぬまっち
どうなんだろう?

旅人ってけっこう、会った人とトークルームとかLINEグループつくって繋がるかな。あとは、レンタカー旅とかは、ツイッターで「ここにいる人~!」とか呼びかけたり。日本人はあんまり聞かないけどそれぐらいやっているみたいです。

逆に韓国人は「南米をまわっている人」とかいうトークルームが、カカオトークで400人とかいるんですよ。

「こっからここまでいくらで行けた」とか、「なにで行ったよ」とか、「どうやって行ったよ」とか、そういうのを情報共有しているらしいです。

チャリダー*のKazuさんに聞いた話だけど、チャリダーはコミュニティがあってみんなで情報交換するらしいんですけど、バックパッカーはあまり聞かないですね。今はブログがあるからブログ読んで、けっこう行けちゃうんじゃないかなぁと思います。

*自転車で世界を旅する人達

9年間一度も日本に帰らずに自転車で旅を続けるチャリダーのKazuさん(写真右側)「Long luck guesthouse」には、様々な旅人たちが泊まっていて、ここでは旅人たちの方が、マジョリティでした。

Halca
では、逆にこれは絶対にやってはダメだよみたいなことはありますか?
ぬまっち
まず海外で犯罪に巻き込まれないように気をつけないと、家族や友人にいっぱい心配をかけるし、だから強盗の事例とか、事故の事例とかは事前にしっかりチェックしています

知っているのと知らないのとでは全然違うから、海外に出る最低限のマナーとして、その国のことを勉強したり、その国でどんな犯罪があるかとかは知っておくべき。

旅をしていると自己責任で解決できないことがたくさんあるから、そういうのは最低限準備としては必要なんじゃないですかね。

Halca
それは、そうだよね。
いま世界一周3年目ですが、旅していてどうですか?
ぬまっち
むずかしいなぁ~、どういう切り口で? 寂しいとか?
Halca
そうだね……、寂しい?
ぬまっち
もう毎日日本帰りたいです。
アフリカまわってる時は1日7回ぐらい「日本帰りたい」っていってたんですよ。
Halca
へー、意外!!
ぬまっち
「帰れば」ってみんなに言われるんだけど(笑)、一応最後、中央アジアまわるまでは帰らないように頑張ろうとおもうんですけど。
Halca
そうなんだ~。
なんか3年間帰る家、決まった家がないってどういう感覚?
ぬまっち
住所不定無職3年間ですか?
Halca
そう。
ぬまっち
9年間の人(チャリダーのKazuさん)もいるからなぁ(笑)
帰ったらどうなるのか不安というか……。
けど、まぁなんとかなるんですよ結局!

お金がなくても、滞在している国でバスキングしたらお金がもらえたりとか、オーストラリアのワーホリみたいに1年2年そこにいて資金を稼いだりとか。けっこう大変だけどなんとかなるんです。

Halca
なるほど。
これからあとどれぐらいの期間、旅をする予定ですか?
ぬまっち
いま大晦日*、年越しですけど、帰るのは4月の末か5月の頭の予定です。
もう一回東南アジアをぐるっとまわって、中国から抜けて、中央アジアをまわろうかなって思っています。
それで僕の旅はおわりです。

*取材を行ったのが、2017年12月31日でした。

Halca
そうなんだ! もう直ぐなんだね。
この前またフィリピンの語学学校に行っていたけど、なんでまた行ったのですか?
ぬまっちは、世界一周を始める前にフィリピンの語学学校に滞在し、英語の勉強をしました。ぬまっちとバンコクで再会する前にぬまっちは、再度フィリピンの語学学校に滞在していました。
語学学校時代については、『【3D ACADEMY 留学体験談】Muchさん』をご覧ください。
ぬまっち
昔英語の指導をしてくれた先生に会いたかったんですよね。先生たちと話をしたり、あと語学学校のCEOが知り合いだったので、その人の話も聞きたいなぁとか。

英語の勉強をもう1回っていうよりも、旅を通して自分が前よりも英語を話せるようになったから、ぜんぜん話せなかった時に出会った人たちと話をしたいなっていうのが一番の目的でした。

そしたら先生も僕のこと覚えていてくれて3年経っても、マネージャーとか清掃のおばさんとか、食膳のスタッフの方とかも覚えていてくれて、僕ボブっていうイングリッシュネームなんですけど、「ボブー!」とかいってみんな声かけてくれて、嬉しかったですよ。

Halca
イイね!
ある意味世界中に家があるような感じだね!
ぬまっち
Halcaさんもそうでしょ(笑)
ベトナムに家あるし、友達いっぱいいるし、オーストラリアの友達*も紹介してもらったじゃないですか。

あれスゴイ助かって、オーストラリアの観光案内とかね、送ってもらったんですよ。やっぱり繋がってるなっていうのはありますね。

*ぬまっちがワーホリに行く際に友人を紹介しました。

Halca
ぬまっちの旅の役に立てて良かった!
じゃあ最後になにか一言おねがいします。
ぬまっち
さあみんな、旅に出よう!
Halca
ありがとうございました!

1月1日は、ぬまっちのバースデーでした!

インタビューを行った日の翌日は、ぬまっちのお誕生日でした。海外で、たくさんの仲間に囲まれて誕生日を祝ってもらえるなんて、ほんと「世界一幸せ者」だね、ぬまっち!改めまして、ハッピーバースデー!

この旅でぬまっちが巡った(今後巡る予定の)国々

インタビューを行った後日、ぬまっちが巡った国&今後巡る予定の国を教えてもらいました。

東南アジア→日本(友人の父が亡くなった為一時帰国)→オーストラリア(ワーホリ、4ヶ月)→スペイン(トマト祭りのために1ヶ月滞在)→オーストラリア(ワーホリ9ヶ月)→日本(セカンドビザがおりなかったので)→アメリカ横断→中米→南米→ヨーロッパ→アフリカ縦断→ヨーロッパ→ハワイ(友人の結婚式の為)→東南アジア(今ここ)→中国→中央アジア→コーカサス→日本
フィリピン→マレーシア→タイ→ミャンマー→タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→タイ→台湾→日本→オーストラリア→スペイン→オーストラリア→日本→アメリカ→キューバ→メキシコ→コロンビア→エクアドル→ペルー→ボリビア→ペルー→ボリビア→ペルー→チリ→アルゼンチン→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ペルー→スペイン→フランス→イギリス→オランダ→ベルギー→エジプト→エチオピア→ケニア→タンザニア→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→イタリア→アイスランド→スペイン→フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ→ポーランド→ウクライナ→ドイツ→アメリカ(ハワイ)→日本→台湾→フィリピン→マレーシア→タイ→カンボジア→ベトナム(今ここ*2018年02月現在)→ラオス→タイ→ミャンマー→タイ→中国→キルギス→カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→トルクメニスタン→アゼルバイジャン→アルメニア→ジョージア→トルコ→日本の予定です。
予定を聞いた後、更に旅は進み、キルギスのウィンターツアーの動画にぬまっちが登場していました。ほんと、何処に行っても人が集まってくる魅力の持ち主です。

ぬまっちのInstagram

今後のぬまっちが気になる方は、是非インスタをフォローしてください。世界中の素敵な写真がいっぱいです!


ぬまっち、旅の続きも楽しんで! また、日本か世界でお会いしましょう!

おまけ

「ちなみに飛行機もたくさん乗ってるよー。」とぬまっちが乗ったフライトの事細かな情報も教えてくれました。全部覚えているのが凄いです。

フライト本数(2018年02月現在)
1.成田→マニラ
2.マニラ→セブ
3.セブ→クアラルンプール
4.ヤンゴン→バンコク
5.バンコク→台北
6.台北→成田
7.成田→ブリスベン
8.ブリスベン→ゴールドコースト
9.ゴールドコースト→アデレード
10.ダーウィン→メルボルン
11.メルボルン→ブリスベン
12.ブリスベン→シドニー
13.シドニー→広州
14.広州→シャルルドゴール
15.シャルルドゴール→バルセロナ
16.バルセロナ→アムステルダム
17.アムステルダム→広州
18.広州→シドニー
19.シドニー→成田
20.成田→マニラ
21.マニラ→サンフランシスコ
22.ニューヨーク→ハバナ
23.ハバナ→メキシコシティー
24.カンクン→ボゴタ
25.クスコ→ラパス
26.ウユニ→ラパス
27.ラパス→クスコ
28.クスコ→リマ
29.リマ→プカルパ
30.プカルパ→リマ
31.リマ→サンティアゴ
32.エルカラファテ→ブエノスアイレス
33.アスンシオン→サンティアゴ
34.サンティアゴ→リマ
35.リマ→フロリダ
36.フロリダ→バルセロナ
37.バルセロナ→シャルルドゴール
38.ブリュッセル→アテネ
39.アテネ→カイロ
40.カイロ→アディスアベバ
41.ケープタウン→ヨハネスブルグ
42.ヨハネスブルグ→アブダビ
43.アブダビ→ローマ
44.ローマ→ケルン
45.ケルン→ケプラビーク
46.ケプラビーク→アリカンテ
47.キエフ→フランクフルト
48.フランクフルト→ポートランド
49.ポートランド→ホノルル
50.ホノルル→成田
51.羽田→台北桃園
52.台北桃園→セブ
53.セブ→プエルトプリンセサ
54.プエルトプリンセサ→マニラ
55.マニラ→クアラルンプール
56.ホーチミン→ダナン
57.フエ→ハノイ

(Special thanks!:Metくん

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴5年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。