ベトナム・ハノイの郵便事情。普通郵便は手元に届くのか?

ハノイに住んでみると思っていた以上に不便な事はなく、イオンやダイソーなど日本の物を販売するお店も徐々に増えてきて、ほとんど問題無く暮らせています。
その中で、唯一頭を悩ませているのが『郵便物』!
筆者の今までの経験は、

  • オーストラリアからのEMS(国際スピード郵便)オフィス宛→届く
  • カナダからの普通郵便・オフィス宛→紛失
  • オーストラリアからの普通郵便×2回・オフィス宛→紛失

・・・という全く以て良い結果ではないため、家族にはハノイに何も送らないようお願いしています。
筆者自身は、経験が無いのですが、日本から送られてきた荷物に物凄い関税がかけられてしまったり、荷物の一部が没収されたりした人の話をよく聞きます。
(没収された理由がまっとうなら良いのですが、可愛い物とか日本でしか売ってないような物が没収されていたりするので、完全に欲しいから取っているでしょう!?という気がしてなりません。)
そんなわけで、荷物は送ってもらわない!手紙は、万が一重要そうなものが届いた場合には、開封してもらって手紙の内容を写真に撮ってもらいそれをLINEなどで送ってもらっています。

海外発送代行(海外転送)サービス

そんな感じで、手紙を受け取らないようにしている筆者のもとに、代行サービスの方からモニター体験のオファーを頂きました。
なかなか面白そうだったので、まともな会社だったらオファーを受けようとホームページをチェックしたり、何度かやり取りをした結果、「海外在住で荷物の受け取りに本気で悩んでいる人の力になりたい!!」と熱意を持った会社である事がわかり、オファーを受けることにしました。

最初にして最大の難関

筆者が手紙を我が家に送ってもらいたくない理由は、ベトナムの郵便事情の他に下記難関があるからなんです。

  1. 筆者が住む地域は、ハノイ市内の中でも比較的新しい地区で、筆者の住所と同じ住所の場所が複数存在している
  2. 筆者が住むアパートには、集合ポストもドアにポストも無く手紙は大家のもとに届ける(?)というシステムである・・・のがあてにならない。

上記の理由から、住所がはっきりしているオフィスに荷物を送ってほしいと代行サービスにお願いしたところ、「住所証明の為、1回は自宅に手紙を送らないといけない」と言われました。
「多分、届かないと思いますよ・・・。」とお伝えしたところ「届くまで何度でも送ります!!!」という返答に感動し、自宅への住所証明書類の送付を承諾しました。

1回目普通郵便

紛失。

2回目普通郵便

1回目の普通郵便を送ってもらってから、2週間が過ぎても手紙は届かなかったので、再度送ってもらいました。
・・・紛失。

3回目EMS(国際スピード郵便)

1回目の普通郵便を送ってもらってから、4週間。2回目の普通郵便を送ってもらってから2週間が過ぎても手紙は届かなかったので、EMSで送ってもらう事になりました。
代行サービスの方から、追跡番号とベトナムの場合通常7日で手元に到着する事を教えてもらいました。

1週間後

さて、予定の1週間が経っても手紙が手元に届かないので、配達状況をネットで追跡してみる事にしました。
letter

https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/

どうやら、べトナムには届いていて『保管』状態になっている様です。。。

letter3

https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/

『保管』がどういう状況かわからなかったので、ベトナム側のサイトでチェックする事にしました。(郵便局のサイト内に『海外の郵便局リンク』というのがあるので、そこをクリックすれば直ぐにベトナムのサイトにとびますよ)

letter2http://www.ems.com.vn/TrackTrace.aspx

ベトナムのサイトで追跡してみた結果、情報は出てきたのですが・・・全く読めません。ベトナム人の同僚に確認してもらったところ、もう最寄りの郵便局には届いている様だとの事で、「電話した方が早いから、電話してあげるよ!」と言って同僚が郵便局に問い合わせてくれました。
その結果、2回配達に行ったけど、どちらも不在だったため、郵便局で保管しているので、身分証明書を持って取りに来て!との事でした。不在通知などは無かったのですが、ベトナムには存在しないのでしょうか??

郵便局

郵便局こちらが郵便局です!ちなみに筆者が住む地域は、道路の番号のふり方が若干おかしくて、かなり迷子になりました・・・。(ベトナムでは道路名、道路の番号が住所になります。)

最寄りの郵便局で保管されていますので、必ず保管場所を確認してください。
郵便局2日本だったら絶対入れないような建物の内部まで簡単にいれてもらう事が出来ました。
郵便局3こちらの女性にパスポートを見せ、追跡番号を伝えました。その後、電話で手紙の場所を確認している様でした。
郵便局4それにして、無造作に大量の郵便物が置かれています。紛失するのも納得です。。。
壁にたまたま筆者の名前が書かれた紙袋がかかっていました。『HARUKA』という名前はベトナムで人気があるのか、色々なお店に使用されているのをよく見かけます。
EMSお姉さんが電話で確認後、意外とあっさりEMSが見つかりました。こうして無事、EMSを受取る事が出来ましたー!!!
結局、普通郵便と合わせて受取までに1ヵ月強かかってしまいました。郵便物をハノイに送る際は、EMSが確実ですね。


さて、筆者は住所証明の手紙を受け取ったことで満足してしまったのですが、本番は『海外発送』のお話ですよね。・・・それは、また今度のお話で。


※本コメント機能はFacebookによって提供されております。この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴4年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。