ネットの力って凄い! #加賀楓温泉郷 #試される加賀ヲタ

この記事は約 9 分で読めます。

まず始めにお伝えすると今日の記事、ハノイに全く関係がありません。
でも、あまりにも素敵なことがあって、書かずにはいられないので、記事にします。

モーニング娘。13期メンバー 加賀楓ちゃん

2016年12月13期メンバーとして、「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」研修生だった横山玲奈(よこやま・れいな)さんと共に加賀楓(かが・かえで=かえでぃー)さんは、モーニング娘。に加入しました。

研修生として4年間。同期や、あとから入った後輩が先にデビューするなど悔しい想いをしながらも、頑張り続けた結果のモーニング娘。加入! このお披露目動画と13期メンバー決定の瞬間!↓の動画を観るたび、もらい泣きしてしまいます。

加入からドラマチックだったかえでぃー。

そんな涙なしでは語れない加入発表から約2年弱の今日、JR首都圏に彼女のポスターが貼られました。

#貼ろうプロジェクト

こちらのポスター、1年前にファンの間で話題となった加賀温泉郷のポスターがキッカケで、かえでぃーのコラポスターが作られたり、「観光大使に~!」というつぶやきがTwitter上で賑わうようになったんです。

そんなみんなのつぶやきをベトナムから見ながら「みんな妄想楽しそうだなぁ~。ふふふ♡」なんて思っていました。

 

それがなんと、Twitterを通して、加賀温泉郷のポスターの製作者の方に届き


イベントで加賀温泉郷のTシャツが販売されることが決まり、ファンの間でそれがまた話題になり

なんと、ファンの方のデザインが採用されて、販売!!


遂に、かえでぃー本人の手元にTシャツが届けられました。

そして、そして

 

今年の4月、遂に観光大使に大抜擢されたんです。

凄い!!!!!!!!

 

観光大使就任後、加賀温泉駅などに貼り出されたポスターには「インターネットの声援も届いていました。」という文字が書かれたバージョンもあり、鳥肌が立ちました。


インターネットの声援は届く!!!

そして、今日ファンが願っていた以上の出来のポスターが完成し、JRの構内に貼り出されたのです。

それも今日は、かえでぃーの誕生日前日!

色々と演出がにくい!!!


1枚のポスターをキッカケに、ネットを通して、人と人とが繋がり、そして繋がった先で、またファンの要望に応えるべく色々なグッズが販売されたり、イベントが開催されたり


更にファンの中には、仲居さんになる人も現れたそうです。


最近、『「ポケモン」をリアル化する絵を描きSNSに投稿し続けたイラストレーター、映画「名探偵ピカチュウ」のスタッフとして雇われる』というニュースを見た時にも思ったんですが、今までは妄想は、妄想。好きなことは、趣味。でしかなかったことが、ネットを通して人と繋がり、本気で「好き」な気持ちが価値になり、情熱がパワーになる時代が来たのだなということにワクワクしています。

私自身も文章を書くのが好きというよりは、何かを発信するのが好き! という人間なので、インターネットの力を借りて、色々な情報を発信することにより、色々な方から反響があって、価値が生まれるこの時代にいられることに嬉しく思います。

次は、どんなネットからの繋がりがあるのか、今日はtwitterに流れてくるたくさんのかえでぃーポスターを見ながら未来に思いを馳せることにいたします。

余談ですが、#試される加賀ヲタ をタイトルに付けたのは、モーニング娘。’18と同じくハロープロジェクトのアイドルグループ『アンジュルム』の川村文乃ちゃんが、山手線全29駅のアンジュルム広告ポスターを制覇したことで、今回のかえでぃーポスターもオタクなら全駅もちろん制覇しますよね!? って煽られていて、試されている感じが、とってもかえでぃーヲタっぽかったので、足しておきましたw

最後になりましたが、インターネットを通して、熱量がベトナムにも届いていますよ!!!!

追記 12/2

ポスター全駅制覇すべく、よねり(@yone_kaede) さん管理のスプレッドシートから(半)自動で生成された #加賀四湯博2018 ポスターみつけたよMAPが登場していました。

ファンの皆さんの団結力、流石です!

追記 12/4

ポスター確認全駅制覇したそうです!

おめでとうございます🍁♨️🎉🎉

追記 12/6


貼ろうプロジェクト、最高の締めくくり!

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。