ハノイの日系サロンAUBE calmeで体験! 新しいお手入れ方法”ノーズワックス”

この記事は約 4 分で読めます。

皆さん、ノーズワックスってご存知でしょうか?
海外では有名セレブやモデルもエチケットとして行っている最新の鼻毛脱毛、お手入れ方法なんです!

ノーズワックスの利点

ノーズワックスは新しいお手入れ方法。
鼻の毛が伸びてしまう理由として、大気汚染、タバコ、老化、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
ベトナムの空気によって伸びやすくなってるかもしれません。

毛根から処理するため生えてくる周期が遅く、チクチクしないとゆうメリットもあります。
そして、ワックス脱毛は痛いと思われがちですが、実はほとんど痛みを感じる事は無いんです!
鼻毛の奥のせんもうとゆうところで空気中の菌やウイルスを取ってくれるので鼻毛を脱毛してもなにも問題はありません。
引用:https://aubecielowndcom.amebaownd.com/posts/4847778

勝手なイメージで、鼻毛を脱毛してしまうと空気中の菌に良くないのかなと思っていたのですが、問題無いのであればやるしかないですね!

Women’s Beauty AUBE calme

ということで、やってきたのは、2018年09月にオープンした日本の国家資格を持ったプロの手による施術が受けられるトータルビューティーサロン「AUBE calme」さんです。
ノーズワックスを取り扱っているサロンは、ベトナム内でこちらのお店だけなんです!
ノーズワックスを施術してくれるのは、店長の小熊さん。
ビューティーサロン従事して10年のベテランです!

ノーズワックスメニュー

単品 640,000VND(≒3,090円2018年11月現在)
その他のメニューとセット 430,000VND(≒2,076円2018年11月現在)
ポイント脱毛コース 220,000VND(≒1,062円2018年11月現在)(初めてで不安の方、部分的に気になる方に、オススメ。)

ノーズワックスは、男性、女性どちらも施術が受けられます。

ノーズワックス体験

ノーズワックスに使用するのは、こちらのワックス。小熊さんが温度をしっかりと確認してくれています。そして、ワックス剤を鼻の穴へ。
鼻の穴入口から5ミリ程度の横から「はみ出て見える」部位に生えている毛をワックス剤により毛根から除去します!ワックスが固まるまでしばし待ちます。
それにしても、この写真、めっちゃシュールですね。
私は、このサイトを始めてからスッピンは勿論のこと、ワキ脱毛とかなんか色々な写真を公開している気がします。。。そして、遂に鼻毛を抜く時が来ました!
ドキドキ!シュッ!!!!!

 

・・・・・・痛くない!

 

むしろ、爽快!!!!

 

これが、初めての感想でした。続いて同じ鼻の穴をもう一度。ワックスは、温かいくらいで、熱い! という感じはなく、固まるのを待つ間もとくに苦痛はありませんでした。

私の場合、毛が薄いそうで、片方の鼻の穴につき2回で終わりましたが、男性の場合は、もう数回やる必要があるそうです。続いて反対の鼻の穴へ。少し待って再び……、シュッ!!!!

 

やはり、爽快!!反対の鼻の穴も2回やって終了!こちらが終わった直後の表情。
なんとも言えない顔をしていますね(笑)起き上がったら、すっかり満足の表情です。
皆さんもエチケットの1つとしてノーズワックスいかがでしょうか?

お店情報

Women’s beauty AUBE calme
住所:6F, TID Centre, 4 Liễu Giai Ba Đình Hà Nội
電話番号:0903 475 088(日本人専用)
営業時間:
(平日)10:00~19:00
(週末、祝日)9:00~18:00
定休日:月曜日、火曜日
カード支払可
Facebook:https://www.facebook.com/aubeciel/
Homepage:http://kkd.link/ciel

エレベーターのご案内

お店に入るためのエレベーター情報は、こちらをどうぞ。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。