📌旅行や、就職、進出でベトナムに行く人必読! ベトナム在住者への質問方法

この記事は約 5 分で読めます。

これからベトナムに来ようとしている方、不安なことも多いですよね?

特にベトナムで暮らし始める人は、「何を持っていったら良いんだろう? どう準備をすれば良いんだろう?」と頭の上には、はてなマークがいっぱいの状態かと思います。
それは、よくわかります。

しかし、だからと言ってFacebookなどを使って、見境なしに見ず知らずの在住者に自分の疑問をぶつけて良いのでしょうか?
ベトナムで暮らしている人たち全員が、ツアーガイドなわけでも、コンサルタントなわけでもありません。

質問①
マレーシアで、買った○○が美味しかったので、ベトナムで買える場所を教えてください! 同じ東南アジアなので、売っていると思います!
Halca
なんで、マレーシアで買える物が必ずベトナムで手に入る設定で質問してくるのでしょう?
質問②
トランジットで、ハノイに〇時間だけ滞在します! ○○と△△と××に行きたいのですが、プラン組んでもらえませんか?
Halca
なんで、見ず知らずの人のために、プランを組まないといけないのでしょう?(旅行会社に聞いてください)
質問③
今度、ベトナムに進出しようと考えています。そこで、○○に詳しい人を紹介してもらえませんか?
Halca
同じく、なんで見ず知らずの人の仲介をしないといけないのでしょう?(コンサルタントに聞いてください)

などなど、このような一方的な質問に頭を抱えている在住者は、私だけではありません。
そこで、今回は、これからベトナムに行く方が、在住者に気軽に質問できるツールをご紹介いたします。

Facebookグループ

回答率:★★★★(ベトナム人からの回答があることも。)

ベトナムに行きたい人と呼びたい人が集う会
https://www.facebook.com/groups/525505744175912/ 他多数。
本グループの趣旨は、ベトナムをテーマとした意見交換や交流です。観光、ビジネス、それ以外でも何でも結構ですので、お気兼ねなくご投稿ください。

日本では、だいぶ下火になってきたFacebookですが、ベトナムでは情報交換のための必須ツールです。アカウントを持っていない方は、この機会に作ることをお勧めいたします。

トラベロコ

回答率:★★★☆

https://traveloco.jp/
世界中の現地在住日本人ガイドがもっている知識や経験、能力がサービスとして提供され、あなたの旅を楽しくしする、サービスの個人取引マーケットプレイスです。

サイト上で、ビジネスの提案などもできるので、ベトナム進出を考えている方には一番お薦めの相談方法です。

ベトナム掲示板

回答率:★★☆☆

http://bbs.ablogg.jp/vnm/
ベトナムで生活している日本人のための無料広告の掲示板、クラシファイドです。会員登録も不要で、中古品の個人売買、入居者募集、求人、仲間募集、生徒募集など全て無料で掲載できます。ベトナム生活で知りたいことがあれば質問・相談も投稿できます!

会員登録不要! 掲載料無料! という神のようなサイトです。ベトナム掲示板のほか、ホーチミン掲示板&ハノイ掲示板もあります。

Yahoo!知恵袋

回答率:★★☆☆

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/
みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。参加している方がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有できるサイトです。

私の知り合いで、Yahoo!知恵袋に回答するのが趣味という方がいました。ただ、ときどき回答の信ぴょう性にかける回答後に直接やり取りをするのが難しいので、星2つにさせてもらいました。

Twitter

回答率:★★☆☆(ハッシュタグやタイミングにより回答率は変動しそうです。)

Twitterでハッシュタグ(#)を付けてつぶやく
https://twitter.com/

ベトナム在住者でもTwitterをやっている人は多数いますので、#ベトナム #ハノイ #ホーチミン などを入れて疑問をつぶやくことで回答がもらえるかもしれません!


回答率は、筆者の経験によるもので、実際とは異なる場合がございます。予めご了承ください。
いかがでしたでしょうか?
これからベトナムに来る皆さんの質問がスムーズに解決すること。ベトナム在住者の悩みが解決されることを願っています。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。