長野県松本市の古民家を再生したゲストハウスThank you Hippopotamus Hostel

この記事は約 5 分で読めます。

「人種が変わっていく様子を自分の目で見たかった。」

という世界一周の理由を聞いて、「言葉で ”世界一周” と言っても、色々な理由で旅をする人がいるんだなぁー」という印象が強く残っているハノイで出逢った旅人又吉さんが、長野県松本市にゲストハウスをオープンしたと聞きつけ、会いに行ってみました。

そのゲストハウスは、松本城まで徒歩1分! 築100年の古民家を再生した小規模なゲストハウス「Thank you Hippopotamus Hostel(サンキューヒポポタマスホステル)」です。

Thank you Hippopotamus Hostel

ゲストハウスを紹介する前にまず気になるのが、ネーミングですよね?
サンキューヒポポタマス……一体どんな意味なのかと思い、又吉さんに聞いてみました。

まずヒポポタマスというのは、カバを英語にした言葉です。カバって一見大人しそうな仕草でのろのろと歩き、ちょっと間が抜けた顔をや体型をしていて可愛らしいイメージがありますが、実は、見た目とは真逆で、非常に凶暴で危ない動物なんです。このゲストハウスも古民家を再生した日本的な建物ですが、宿泊者の多くは外国人なので、カバ同様にそんな見た目と中身に大きなギャップがあるところが面白いなと思い、名づけました。あと、日本語でヒネリの利いた名前を付けてしまうと外国人にとっては意味が分からないことも多いので、英語で伝わってそれでいてユーモアのある名前が良いなと思って英語の名前にしました。
おかげで宿泊者の多くに名前の由来を聞かれるので、会話が生まれます。

又吉さんから話を聞くまで、カバが狂暴というイメージは全く無かったのですが、調べてみるとアフリカでの動物による死亡原因の第一位はカバであり、実は草食ではなく、肉も食べるそうです。更にかなりのスピードで動けるらしく、標的にされると逃げるのはほぼ困難とか!? 動物園の穏やかなイメージしかなかったので、次カバを見る時にはイメージが変わりそうです。

疑問も解決したところで、早速ゲストハウスを紹介していきます。

外観

松本の宿と書かれた提灯が門に合っていて、和のテイストがとっても良い感じです。立て看板には、松本城が描かれています。
門をくぐると建物の入り口が見えてきます。入り口から門を見るとこんな感じです。門を構えた入り口からの歩道は、日本家屋の特徴ですよね。こちらが玄関です。一体どんな空間が広がっているのか、ワクワクします。

共同スペース

玄関入って直ぐにあるレセプションから既に趣があります。オープンして間もないのに既にこの雰囲気。古民家の良さが出ています。夜になるとみんなでご飯を食べたり、談笑したり、歌をうたったりする憩いのスペース。写真に写っているテーブルは、手作りなのだそうです。木のぬくもりと落ち着いた雰囲気があります。畳のスペースには、ミシンや琴が置かれています。窓際には、昔懐かしい物が色々と飾られています。昔ながらのマッサージチェアも置かれています。(現役で使えます。)雑然としているようで、手が込んでいてセンスを感じます。木彫りの熊なんて久しぶりにみました。こちらは、台所です。壁に貼られた世界地図がゲストハウスらしいですよね。フリードリンクの中にプロティンが置かれているのが気になります。昔ながらの懐かしい雰囲気の台所です。台所の奥には、フリーで使える洗濯機も設置されています。

ウッドデッキ

もともと庭だった部分をスタッフみんなでリノベーションしたウッドデッキも宿泊者同士の憩いの場として活用されています。このウッドデッキの目玉となっているのが、筋トレグッズの数々です。(台所にプロテインが置かれていたのは、このためだったんですね。)
デッキに置かれた自転車は、無料で借りることが出来ます。

男女共同ドミトリー

今回筆者が宿泊した男女共同ドミトリーです。寝るのに十分な広さとコンセント、そしてライトが付いているので快適です。カーテンは和柄で、木製のベッドによく合っています。部屋の奥から全体を撮るとこんな感じです。部屋を出て直ぐのところに洗面台があります。反対側にもあるので、朝混雑しても安心です。

他に和風の個室と洋風の個室があるのですが、筆者が宿泊した日は、どちらも宿泊者がいたので、気になる方は下記ページをご覧ください。
https://thankyouhippo.com/Room&Price/index.html


いかがでしたでしょうか? 田舎のおばあちゃんの家にいるような懐かしい雰囲気の中にモダンなテイストが混ざっており、そんな空間に外国の方が沢山いる様子がまさにギャップがあって名前の通りでした。

松本市にお越しの際は、是非ご利用ください。

ゲストハウス情報

Thank you Hippopotamus Hostel
住所:長野県松本市城西 2-5-18
Tel : 080-4958-8174
Homepage:https://thankyouhippo.com/index.html

おまけ①

ゲストハウスの直ぐ近くにある「鷹匠庵」さんのおやきがとっても美味しかったです。(あとお店のおかみさんがとてもチャーミングでした。)ゲストハウスに訪れた際は、是非こちらにも行ってみて下さい。

おまけ②

ポストカードとかに出来そうな快晴の中の松本城です。とっても良いお天気で最高でした!ちなみにこちらは、先日ご紹介した写ルンですで撮影した松本城です。比べてみると色味が全く違いますね!松本城の敷地に咲いていた蓮の花は、ハノイのものよりも大きいなと感じました。この写真だけ見るとハノイみたいです。空の青さと蓮の葉の緑に囲まれたピンク色の花。そのコントラストがとても綺麗でした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。