ダラットの奇想天外な建築物クレイジーハウスに宿泊してみた

この記事は約 3 分で読めます。

本日は、ダラットにあるちょっと不思議な建物クレイジーハウスをご紹介いたします。
ダラットの人気観光名所であり、日中は観光客で大変混雑している場所なのですが、ホテルとして宿泊が可能で、宿泊した人のみ観光客がいない落ち着いた空間で、クレイジーハウスを楽しむことが出来ます!

クレイジーハウスとは?

クレイジーハウス
突如現れる奇想天外な建築物。ベトナム人女性建築家ダン・ヴェト・ガーが手がけたホテルで、日中は観光も可能です。
モスクワ大学で建築学を学んだ彼女はアントニ・ガウディに影響を受け、1990年より建築を開始。現在も増築されており、奇妙さは進化中です。外観は大きな木にツタのような通路が張り巡らされており、まるで迷路のよう。一見の価値アリです。
引用:ダラット市観光ガイドブック

こちらが入り口です。

早朝人のいないクレイジーハウスを独り占め

クレイジーハウスは、朝08:30から夜の19:00まで観光を受け入れているので、私は早起きをして早朝のクレイジーハウスを楽しんできました!
まだ空が薄暗いです。クレイジーハウスの素材は、遊園地の建物と同じようなもので出来ていて、建造物というよりも、ディズニーランドの中にいるような気分になります。ダラットにはあまり高い建物がないので、クレイジーハウスのてっぺんからはダラットの街が一望できます。それにしても高い。写真にうつっている無数の道を通ってクレイジーハウスを上ったり下りたり。日頃の運動不足が足に響きます(涙)。
人が1人通れる広さの階段を上ったり下りたりします。アスレチックのような雰囲気です。
ホテルの部屋は、それぞれにテーマが決まっており、部屋が空いていれば中を覗くこともできます。ただ、私が宿泊した日は、ほとんどのお部屋が埋まっていました。(大人気!)ちなみにクレイジーハウスは、まだまだ建設中で、道を進んでいくと建設途中の様子も見ることができます。こうやって作っているんですね~。まだまだクレイジーハウスは、広くなりそうです!この階段は、屋根の上も越えて行けます。高い場所では、立ち止まるのもちょっと怖いです。
凄いですね~。クレイジーハウスを一周するまでの間、誰ともすれ違わなかったので、早起きをした甲斐がありました!日中観光客が多いとすれ違うのも一苦労だと思われます。

宿泊者なら、ダラットの夜景も楽しめる!

夜に登った時は、夜景がとっても綺麗でした! ただ、前述の写真たちでもお分かりいただける通り、狭い階段を上ったり下りたりなので、夜に登るのはとっても怖いです。こちらは受付の様子です。受付には、クレイジーハウスの構想図が貼られています。この絵から、クレイジーハウスが生まれたんですね!

宿泊したお部屋

最後に私が泊まったお部屋をちょっとだけご紹介。
お部屋の中まで手が込んでいます。


いかがでしたでしょうか?
ダラットを訪れた際は、是非クレイジーハウスに泊まってみてください! クレイジーハウスを独り占めできるのは宿泊者だけの特権です!

クレイジーハウス
住所:Số 3 Đường Huỳnh Thúc Kháng, Phường 4, Thành phố Đà Lạt, Lâm Đồng
電話番号:0263 3822 070
営業時間:08:30~19:00
入場料:40,000VND(≒184円2019年09月現在)
Homepage:https://crazyhouse.vn/
Facebook:https://www.facebook.com/crazyhousedl/

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

お知らせ

ダラットの日本語ガイドブックが完成しました!
友人が2年間かけて制作した素晴らしいガイドブックです。是非ご覧ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。