ハノイ市内にあるキャビネットに古着を寄付してきました

この記事は約 2 分で読めます。

ハノイ在住の皆さん、着なくなった服ってどのように処分していますか?

私は、過去にチャリティーバザーを開催したり、直接孤児院に洋服を寄付しに行ったりしていたのですが、時間が無いとなかなかそういう事もできず

手軽に困っている人の手助けが出来ないかな? と思っていたところ、VIETJOさんで下記のニュースを見つけ、これだ! と思い、早速寄付してきました。

「思いやりのキャビネット」、市内9か所に寄付古着のたんす設置―ハノイ
「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」と描かれた看板を掲げたキャビネットが、ハノイ市の各地に出現している。衣類や履物が余っている人はこのキャビネットに置いていき、必要な人は無料で自由に持ち帰ることができる。
引用:viet-jo

思いやりのキャビネット

私が訪れたのは、「66 Chùa Láng」Vincom Nguyễn Chí Thanhの直ぐ近くです。

(写真の右側に進んでいくとVincomです。)こちらが「思いやりのキャビネット」です。

電話ボックスくらいの大きさはあるものだと思っていたのですが、結構薄いです。オフィスとかに置いてある書類いれる棚くらいの厚みでした。

既に先約のお姉さんたちが、お洋服を選んでおり、そしてキャビネットの中には結構服が置いてあったので、どうして良いかとおどおどしていたところ、写真左側に写っている警備員のおじさんが受け取ってくれました。

そして、写真後ろに写っているお店の中へ。どうやら、お店の方がこちらのキャビネットの設置に賛同している様でした。

…というわけで、警備員さんに預けてあっという間に寄付終了! これなら、何かの用事のついでに寄付出来ますね!

皆さんも着なくなった洋服があったら、是非立ち寄ってみてください。

キャビネット設置場所

「思いやりのキャビネット」は、ハノイ市内に複数あるとのことで、ベトナム人の友人に設置場所を教えてもらいました。

ハノイは最近とっても寒いので、冬服を寄付すれば喜ばれると思います!

226 Bà Triệu

30 Hàm Long

70 Thái Hà

420 Tây Sơn

66 Chùa Láng(今回の記事に登場しているキャビネットは、こちらです。)

25 Vũ Ngọc Phan

19 Quảng An

32 Cầu Bươu

実際に全てを見に行ったわけではないので、設置されていなかったらすみません。



PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。