#平成最後の日 に私がベトナムで聴く『ハロプロソング』まとめ

この記事は約 4 分で読めます。

遂に今日で平成最後なんですね~。

SNSなどを見ていると”平成という時代は、日本経済にとって「失われた30年」だ”と言われていた様ですが、「昇っていく国を肌で体感したい!」と思って、2013年からベトナムで暮らしていた私にとっては、日々グイグイ成長を続けるベトナムを肌で感じられるとても楽しい時代でした。

また、昭和生まれの人が平成の間に結婚しないことを「平成JUMP」なんて言っている人もいるようですが、私にとって「平成」は小学校1年生から学生生活と共に過ごしてきた大切な時代で、平成が無くなってしまうと幼稚園児まで逆戻りなので、勘弁してくださいwと思っています。

本日この記事を書いている2019年04月30日(火)は、ベトナムも祝日なので「平成最後の日に何か記事を残したい」とだいぶ前から色々と考えた結果、最後の日はやっぱり好きなものを紹介したい! と思って、私の大好きな『ハロプロソング』をご紹介したいと思います。

ハロー!プロジェクト(Hello! Project)とは、アップフロントプロモーションをはじめとするアップフロントグループ系列の芸能事務所に所属している女性アイドルグループの総称で、ハロプロは、ハロー!プロジェクト(Hello! Project)の略称です。

ハロプロ・オールスターズ / ハロー!ヒストリー

まず始めに観ていただきたいのが、こちらの曲!
現在ハロプロとして活躍する7グループがどんなグループかは、こちらの曲を観ていただければ一目瞭然です。

こぶしファクトリー《アカペラ》 チョット愚直に!猪突猛進

今年は、イノシシ年ということで、年が明けて直ぐに頭に浮かんできたのが、こちらの曲でした。

こぶしファクトリー《アカペラ》念には念(念入りVer.)

「チョット愚直に!猪突猛進」を聴いて、こぶしファクトリーのアカペラにハマってしまった方には、こちらも是非!

こぶしファクトリー『ハルウララ』

ミュージックビデオが、とても春らしく、ベトナムにいるとあまり春を感じることができないので、この映像を観て春を感じています。
歌詞が切なくて、胸がキュンとします。

Juice=Juice『微炭酸』

胸キュン繋がりで、ご紹介するのはこちらの曲。幼馴染への恋心に気付いてしまったのが、幼馴染に恋人が出来てしまったからという……切ない一曲です。

Juice=Juice『ポツリと』

切ない一曲といえば、こちらの曲も。気付くと毎日のように聴いています。

モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

サマーナイトタウンで、「大キライ 大キライ 大キライ 大スキ」と歌っていたモーニング娘。が、今「大好き 大好き 超大嫌い」と歌っているのが、凄く印象的です。

昔のモーニング娘。の曲は、”ダメ男に振り回されている女性”な感じが多くて、あまり好きじゃなかったんですが、最近のモーニング娘。の”私が選ぶんだよ”という芯がしっかりと通った1人の女性を描いている感じが好きです。

モーニング娘。’18『自由な国だから』

「束縛はさせない 私は私よ」としっかりと歌っているのがこちらの曲。
令和の時代は、今よりももっとずっと「自由な国」になりますように。

つばきファクトリー『就活センセーション』

今、会社に大学生が2名インターン生&アルバイトとして働きに来てくれていて、たまに就活の話題が出るので、そのたびにこの曲が頭に浮かびます。


令和の時代には、同じ髪形・同じメイク・同じ格好をした就活生がいなくなると良いですね。
もっと自由に伸びやかに!

アンジュルム『恋はアッチャアッチャ』

自由に伸びやかに! と言えば、こちらの曲。
一度聴いたら頭から離れません。

まずは、この動画を観てください!

おまけ

「恋はアッチャアッチャ」公式アッチャアッチャ応援隊

まず観てください。


いかがでしたでしょうか?
令和の時代も変わらず、遊び心がある日本であってほしいなと思います。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。