ベトナム仏教の聖地 香寺(パフュームパゴダ)に旧正月明けに行ってみた

この記事は約 5 分で読めます。

皆さま、ハノイ市から南に行ったところにある、「香寺(パフュームパゴダ)」をご存知でしょうか?

香寺(パフュームパゴダ)がある「香山」は、ベトナム仏教の聖地として知られており、旧正月には多くの参拝者が訪れる場所で、15世紀頃から建てられ始め、20世紀初めには100以上もの寺社があったといわれています。

私は、この香寺が好きで、何度か訪れているのですが、今回日本から友人が来たタイミングで再度訪れてみました。

しかし、私たちが訪れたのが、旧正月明け1ヵ月弱経った頃だったために、物凄い人でした。

船着き場から手漕ぎのボートで川を進む

ハノイ中心部から南へ車で約2時間、その後、イエン川の船着き場から1時間ほど手漕ぎのボートに乗り川を進んだところに香山はあります。
到着してビックリ! 凄い舟の数です。舟に乗り込むとお菓子や傘などを売りに来る小舟が近づいてきました。1時間という舟の旅、乗客たちはお菓子や飲み物を買って楽しみます。

ちなみにこちら前回シーズンオフに訪れた時の様子。もちろん今回の売店のような小舟はいませんでした。
1時間ほど乗って到着した先にもたくさんの小舟。これに乗ってきた人たちがみんな香山にいるのかと思うと……。たくさんの出店が出ています。なんとタピオカミルクティーのお店も! こんなところまで進出しているとは……。
こちらは前回の様子。お店はほとんどしまっていました。今回来るまで、ここのエリアがこんなに賑わっているとは知る余地もありませんでした。

香山入り口

船着き場から少し歩いたところに香山への入り口があります。
こちらがゲートをくぐるためのチケット。
今回私たちは、ツアーで参加したので、ガイドさんから受け取りました。
続々とゲートから人が入ってきます。
中には、たくさんの参拝客が!

ちなみに前回訪れた際は、お店はほとんどしまっており、人もまばらでした。(私は楽しそうですねw)

今回訪れるのは、天厨寺と香寺の2カ所です。香山には、全部で13の寺院があるそうです。
お寺に向かう道のりにもたくさんのお店が並んでいます。
こちらでは、お菓子を売っています。色々みたい気持ちはありつつも、ガイドさんからはぐれたら最後なので、しっかり後をついていきます。

天厨寺

こちらが、天厨寺の入り口。15世紀後黎朝第5代皇帝「黎聖宗(レ・タイントン(Le Thanh Tong))」(在位1460-1497)の時代に建立され、その後フランスとの戦争によりもともとの建物は爆撃されたため、現在の建物はその後に建てられた新しいものなのだそうです。 旧正月明けということで、写真を撮るための撮影スポットも用意されています。ガイドさん曰く「天厨寺」は、英語でキッチンパゴダと言われていて、山並みに囲まれた真ん中にあるところが、ベトナムの台所みたいだから、実際にここで食事を作って食べていたから、など色々な逸話があるようです。
お線香を立ててお参りします。

昼食

天厨寺を参拝した後は、腹ごしらえ。
私は、日帰り観光でハノイ近郊の観光ツアーにいろいろと参加したことがあるのですが、香寺ツアーの食事はいつも美味しいです。

ただ、この日は物凄い人で食事にありつくまでに物凄い時間がかかりました。

ケーブルカー

香寺がある山頂までは、徒歩なら40~50分、ケーブルカーなら10分ほどで行くことができます。
ガイドさんから往復のチケットを受け取り、ケーブルカーで山頂を目指します。こちらが入り口物凄い人です。乗り込むまでも一苦労。次から次へとケーブルカーがやってきます。前回よりもスピードが速かったような……急いで乗り込み、急いで降りています。

前回山頂に着いてからこんな写真を撮っていたのですが、今回は全然無理でした。

山頂

山頂についてビックリ! そこには更なる人だかりが……!?香寺に向かう人達で行列が出来ています。日本の初詣もこんな感じでしょうか?一歩一歩徐々に進んでいきます。物凄い人の量です。こちら香寺に続く入り口です。ここにたどり着くまでに何分かかったことか……。

香寺

やっと香寺に到着です。こちらも凄い人! 人! 人!

前回階段を駆け下りたのが嘘の様です。
階段も一歩一歩落ちないように降りてきました。
前回訪れた時は、階段が見えていたのに……。
香寺に入るとお坊さんたちが、ドローンを飛ばしていました。凄い時代ですね。香寺は、洞窟内にあるお寺で、17世紀に建立されました。
神秘的な雰囲気をたたえた鍾乳洞内奥にはご本尊の観音菩薩が祀られています。洞窟内の鍾乳石には「米の岩」や「娘の岩」、「息子の岩」と名付けられたものがあり、豊作や子宝に恵まれるご利益があるといわれているそうです。
こちらは、鍾乳洞から落ちてくる水を身体に塗ると健康でいられるということで、たくさんの人が手をかざしていました。

しかし、その様子はまるで芥川龍之介先生の蜘蛛の糸のようでした……。更にたくさんの人達が訪れる中で、参拝終了!

また舟に乗って帰路を急ぐ

山の夕暮れは早く、普段は16時過ぎには舟に乗るのですが、この日はとにかく人が多く、1時間ほど押して舟に乗りました。
帰りもたくさんの舟が。 印象的だったのは、舟に乗ったベトナム人男性たちが、お酒を飲み舟の上で賭け事をしていて、「参拝したそばからそれで良いのか!?」と思いました。お国柄ですかねw船着き場に到着する頃には、辺りが暗くなっていました。

船頭さんお疲れ様でした。

まとめ

今回、私にとって3回目の香寺ツアーで、うち2回はシーズンオフ。今回初めて旧正月明けに行ったのですが、賑わいっぷりが全く違うので驚きました。

体力を大分消耗しましたが、こんなに賑わう場所なんだ! ということが知れて良かったです。
ただ、旅行で訪れる場合は、旧正月明けは避けた方が無難かなと思います(笑)今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。