ベトナム初!100%日系企業が運営するサービスアパートメント(共用施設編)

この記事は約 3 分で読めます。

本日より、数回に分けて、2018年6月23日に竣工式を迎えた大和ハウス工業株式会社施主、大成建設株式会社施工の日本仕様のサービスアパートメント「Roygent Parks Hanoi」をご紹介いたします。
こちらのサービスアパートメントは、企画、デザイン、設計、施工、運営etc.全て日系100%ということで、どんな感じなのかワクワクしながら訪れました。
こちらが、建物の外観です。
地下2階、地上24階の高層アパートの中にどんなお部屋や施設があるのか? 初回の本日は、共用施設をご紹介いたします。

レストラン

朝食は、住人限定なのですが、昼と夜は、アパートとは独立した経営を行っている味にこだわる日本食レストランで、一般の方も食べに来ることができます。かなり広々とした空間です。朝食の時間は重なってしまうことも多そうですが、これだけ広いと安心ですね。この空間にいると日本にいるような気分になります。

バー

続いてご紹介するのは、こちらのバー。お酒を飲んで、そのままエレベーターで部屋まで行けるって最高の環境ですね。カウンター席の他にテーブル席もありますので、数人でお酒を飲みながら楽しい時間を過ごすことも可能です。

和風大浴場

続いてご紹介するのは、入居者のみが利用可能な大浴場です。
事前情報で「こちらのサービスアパートメントは、大浴場が凄い!」と聞いていたのですが、想像を大きく上回る和のテイストにビックリしました。

女湯

暖簾の雰囲気も良い感じです。脱衣所も完全に日本です。いつの間に一時帰国したんだろう? と錯覚してしまいました(笑)こちらが浴場です。それほど広くはありませんが、足を伸ばして浸かるには十分な広さがあります。
あー、我が家にも欲しいです。壁のススキの絵も風情があって良いですね。

男湯

続いては男湯です。男性の浴場の方が広い作りになっています。脱衣所も広々としています。ロッカーもたっぷり用意してあります。そして、こちらが男性用の浴場!広い! 最高! 万歳!
男性の入居者の方が圧倒的に多いということで、女湯よりかなり広く、シャワースペースもたくさん完備されています。壁もかなりお洒落です。入浴の途中でちょっと休める畳のスペースもあります。
仕事帰りに毎日こんなお風呂に入れたら…考えただけでも最高ですね。
更に男湯には、サウナもあります。


いかがでしたでしょうか? 短期出張から家族連れでの長期滞在まで、さまざまなニーズに応えていただけるそうなので、興味がある方は、下記お問い合せ先にご相談ください。

お問い合わせ先

DT Development Vietnam LLC.(日本語対応)
電話番号:+84-024-3232-3750
住所:289 Khuất Duy Tiến, Trung Hoà, Thanh Xuân, Hà Nội

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。