同じベトナムでも全然違う!?ハノイとサイゴン(ホーチミン)の違い

本日は、ベトナム人お薦めの映像で観るハノイとサイゴン(ホーチミン)の違いをご紹介致します。

ハノイ×サイゴン(ホーチミン)

Phở 6: Khác nhau HÀ NỘI vs SÀI GÒN/Differences Between Hanoi vs Sai Gon


こちらを観れば、ハノイとサイゴンの違いが簡単にわかります!
是非ご覧ください!!
・・・えっ!?ベトナム語がわからない!?
そうですよね、私もです。ベトナム人の同僚に教えてもらったので、項目ごとにチェックしていきましょう!

朝5時の様子

朝

ハノイ・・・朝からウォーキングしたり体操したり、既に行動している人が多いです。
サイゴン・・・まだ寝ています。

バイクで運転中に電話がかかってきたらどうする?

ハノイ・・・運転しながら電話で喋っていても大丈夫です。
(映像では大丈夫となっていますが、警察に見つかると罰金を課せられます。)
サイゴン・・・携帯電話をひったくられる可能性があるので危険です。(映像では最終的にバイクまで取られてしまいました。涙)

店員の態度

サイゴン・・・お客様は神様!と言わんばかりに至れり尽くせりです。
ハノイ・・・店員の方が強いです。怒らせるとお店を追い出されます。

カフェ

カフェハノイ・・・お店の前に椅子(お風呂場にあるようなプラスチック椅子)があるので、甘いお茶を買ってみんなでお喋りしながら飲みます。
サイゴン・・・テイクアウトして道端でコーヒーを飲みます。(道端なので、映像ではコーヒーが蹴られてしまいました。)

雨ハノイ・・・雨季には、大量の雨が降り、洪水になったりします。
サイゴン・・・降ったり、止んだりです。

夜11時の様子

ハノイ・・・女性はお洒落にメイクアップして、自撮りして、そして。。。寝ます。
※ベトナム人の同僚に聞いてみたところ、朝可愛い顔で目覚められるように化粧をして寝るんじゃないかとのことです(笑)
肌には全く良くないですね。
サイゴン・・・女性は、お洒落にメイクアップして、夜の街に繰り出します!

食事

食事ハノイ・・・食事は、お客様や目上の人に、先に食べてもらいます。礼儀正しく待っているそうです。
サイゴン・・・お客様や目上の人など気にせずガツガツ食べてしまいます。(映像では最終的にホーチミンの人が全部食べてしまいました。)

Vlogger(ブロガー)の違い

ブロガー※自分のブログにビデオ動画を投稿する人の事を言います。
サイゴン・・・自撮り風に撮る男性が多いです。
ハノイ・・・カメラを置いてしっかりと撮影する男性が多いです。



日中出かける時の女性の服装

完全防備サイゴン・・・日焼けしないように完全防備です。
ハノイ・・・日焼け対策をせず、露出している女性もいます。
※映像では露出しているとなっていますが、筆者は、ハノイの女性も日焼け対策ガッツリしていると思います。

ハノイの男性は奢りたがる!

ハノイの男性は、みんなで食事に行くと率先してお金を払いたがるようです。

サイゴンでお酒を飲む

パフォーマンスサイゴンでは、お酒を飲んでいると盛り上げてくれる野外パフォーマーが現れるそうです。
※筆者は、ハノイ在住なので、お酒を飲んでいる席に野外パフォーマーが来たことはないです。見てみたいですが、チップを要求されるようなので、ハノイだと来ないのがちょうど良いかもしれません(笑)

同性愛者

サイゴン・・・同性愛者に対して寛容で、受け入れられています。
ハノイ・・・同性愛は、アブノーマルな事として、軽蔑されます。
※筆者は、約3年ハノイに住んでいますが、同性愛者や性同一性障害の人をほとんど見た事がありません。
上記の理由からオープンにせず隠しているのかもしれません。

ハノイサイゴン左:オペラハウス 右:聖マリア教会

いかがでしたか?
ハノイとサイゴン(ホーチミン)は、同じ国ですが、過去に分断されていた歴史もあり、色々と違いがあって面白いですね!
上記で紹介した以外にも言葉の違いがあったり、色々な違いがありますので、また違いについてはご紹介したいと思います。


※本コメント機能はFacebookによって提供されております。この機能によって生じた損害に対して当サイトは一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴4年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。