ベトナム北部ナムディン省の歴史ある建造物解体を免れる!

この記事は約 2 分で読めます。

さてさて、本日も【旅ログ】さんに乗っかり企画、ベトナム北部の都市ナムディン省を旅していきます。

ベトナム北部を旅しよう! ナムディン省の寺院に行ってきた。

今回ご紹介するのは、少し前にベトジョーさんにも取り上げられていた1885年建立のブイチュー教会です!
ブイチュー聖公会堂(ブイチュー教会)は、全長78m、幅22m、高さ15mの1885年に建立された建物ですが、老朽化が進み改修・解体工事を検討されていた様です。

ナムディン省:1885年建立のブイチュー教会、解体見送り
紅河デルタ地方ナムディン省スアンチュオン郡スアンゴック村にあるブイチュー聖公会堂の改修・解体工事に関して、建築家らの反対意見を受け、同教会の解体が見送られることが10日に発表された。
引用:ベトジョー

とても綺麗な建物なので、解体を免れて本当に良かったです。

Bùi Chu 教会[ブイチュー教会]

1884年にフランスの支配下で建てられたローマカトリック教会。長さ78m・幅22m・高さ15m。130年以上経った現在も荘厳にして重厚な佇まいを保ち、圧倒的な存在感を放っている。毎年8月8日に教区司教の饗宴が開催され、ミサには多くの教会員が訪れる。
引用:旅ログ

天気の良さも相まって空の青さと教会の黄色のコントラストがとても綺麗で、圧巻の佇まいです。
そして、教会の前のスペースがとても広くて写真が撮りやすかったです!なかなかハノイには、このような広々とした空間はないので、気持ちが良いです。
こちらには、教会のミニチュア版まであります。
さて、教会前の敷地の話しは、これくらいにして、教会を見ていきましょう。空の青さと教会の黄色、木の緑色。写真が映えますね。建築物についてそれほど詳しくない私が見ても、とても綺麗な建物だなぁ~と思います。こちらから教会の中に入ります。中もとっても綺麗です。厳かな雰囲気。そして、タイルもとても綺麗。近所の子供たちが集まってきました。ところどころ、老朽化を感じますが、是非とも丁寧に修復していただきたいです。ベトナムの教会には、御神輿に似たものがあるのが、興味深いです。


旅ログさん乗っかり企画、次回も続きます!

教会情報

Nhà Thờ Chính Tòa Bùi Chu
住所:Phố Bùi Chu, Xuân Ngọc, Xuân Trường, Nam Định

おまけ

ナムディンは、1日タクシーを借りて回りました。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。