“PIZZA BELGA”ハノイ・タイホ―エリアのお洒落なイタリアンレストラン

この記事は約 4 分で読めます。

本日は、ハノイ・タイホーエリアにあるお洒落なイタリアンレストラン「PIZZA BELGA」をご紹介いたします。
実は、こちらのお店私がポールダンスを習っていた時の先生がオープンしたお店なんです。

PIZZA BELGA

外観

お店は、Au Co通りにあるのですが、走っていると突然にお洒落なお店が現れます。それが、PIZZA BELGAです。入り口は、こんな感じです。
入り口の壁には、営業時間&メニュー。今のところ水曜日~日曜日までの営業とのことで、月・火は開いていませんので、ご注意ください。

テラス席

お店に入ると直ぐにお洒落なテラス席が目に入ります。筆者が訪れた時間は、オープン直後だったため、人はいませんでしたが、帰る頃にはたくさんの西洋人たちがこちらの席でディナーを楽しんでいました。

西洋の方ってテラス席が好きなイメージがあります。テラス席には、黒板にメニューも書かれています。

1階席

こちらが1階席です。窓が多く、明るい雰囲気です。この日は、他の席でパーティーがあり、テーブルが繋げられていました。
グループで訪れてワイワイ食事を楽しむのも良いですよね!

2階席

こちらが2階席です。
窓からは、Au Co通りが見えます。素敵な店内です。2階も壁の半分がガラス張りになっていて、開放的な雰囲気があります。奥の席から、入り口の方を見るとこんな感じです。

メニュー

previous arrow
next arrow
Slider
料理&ドリンクメニューです。ピザの種類が豊富で、どれが良いか迷ってしまいます。
あと、個人的にクラフトビールにはまっているので、クラフトビールの種類が多いのも魅力です。

料理

料理! …の前に、今回座った席です。この日は、Sunset Aleを飲みました。 90,000VND(≒432円2018年06月現在)
癖がなく飲みやすくて美味しいです。
Beetroot Salad 140,000VND(≒672円2018年06月現在)
日本に居た頃は、ビートルートなんて食べたこと無かったのですが、独特の野菜の甘みがくせになり、今ではメニューにあるとついつい頼んでしまいます。ドレッシングともマッチしていて美味しかったです。1種類のピザを選ぶことが出来なかったので、ハーフ&ハーフにしてもらいました。左がPizza Tartufo(チーズのピザ)で、右がPizza Raffaello(ちょっぴりスパイシーなピザ)です。
筆者は、定期的にチーズ大好き病になるので、Pizza Tartufoが気に入りましたが、一緒に行った友人は、Pizza Raffaelloが好きと言っていました! つまり、とても良い組み合わせだったということですね!デザートは、Dame Blance 90,000VND(≒432円2018年06月現在)自家製バニラビーンズアイスにチョコレートソースをかけていただきます。サッパリとした甘さで、食後のデザートにピッタリでした!


いかがでしたでしょうか?
筆者は、イタリアンが大好きなので、ハノイ市内に次々と美味しいイタリアンレストランがオープンしていて最高です!

プロモーション情報

水~日のランチタイム水・木のディナータイム限定! お店に来店時『VIETHICHを見た!』と言って頂きますと10%割引きしてくれるそうです!
※このプロモーションは、2018年08月31日(金)までです。

日本語不可、ベトナム語・英語の対応となっておりますので、不安な方は是非こちらのページをお見せ下さい。
10% Discount for all customers from VIETHICH.

お店情報

PIZZA BELGA
住所:225 Âu Cơ, Quảng An, Tây Hồ, Quảng An, Hanoi
電話番号:0167 301 8883
営業時間:水~日 11:00 AM – 3:00 PM & 6:00 PM – 10:30 PM
定休日:月・火
ホームページ:http://pizzabelga.com/
Facebook:https://www.facebook.com/pizzabelga/

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。