#隔離ホテル生活 に持参して良かったもの【ハノイ編】

この記事は約 6 分で読めます。

ホーチミン在住のブロガーさんが、このテーマで記事を書いていらっしゃって、意外とニーズがあるのかなぁ? 泊まっている隔離先のホテルによって結構違うなぁ! と思うこともあったので、記事にしてみることにしました。

ちなみにハノイ在住の私が隔離されていたホテルは「ムオン タン グランド サ ラ ホテル」です。

洗濯洗剤


https://amzn.to/2VTb4T7

クリーニングに出しても半日で戻ってくるので、お金に余裕がある人はクリーニングに出しても良いと思います。

ただ、下着を出すのはなんとなく嫌だったので、部屋で洗っていました。

この洗剤ワンプッシュなので、手も汚れなくて快適です! もちろん隔離期間では使いきれませんが、その後の生活にも役に立っているので、おすすめです。

洗濯物干し


https://amzn.to/3lUmUH6

下着や靴下などを干すのに重宝しました。

ちなみにホーチミンの方だと「乾きやすい生地のワンピースを持参して、自分で洗って干して着回している」と書いていたのですが、現在ハノイは冬でそれなりに服が厚手なのと私が泊まっていたホテルのシャワールームには換気扇がなく、1着だけスイカの汁が飛んでしまい自分で洗って干した服は、半乾きの嫌な匂いになってしまったので、即クリーニングに出しました。

なので、ハノイにおいては、「冬服を自分で洗おう」とはあまり思わないほうが良さそうですw 天気もそこまで良くないので、窓際に干しておいてもどうなることか…。

シャンプー&リンス

私が滞在していたホテルには、シャンプー&リンスが備え付けられていたので、持っていかなくても大丈夫といえば大丈夫な状態でしたが、自分のお気に入りのシャンプー&リンスを使いたい方は、持参したほうが良いと思います。

ちなみにこちらもハノイ生活で使用するので、旅行用ではなく普通のボトルを持っていきました。

シャワーヘッド


https://amzn.to/39VDaW0

こちら今回の隔離生活では、持っていかなかったんですが、我が家のシャワーヘッドは節水シャワーヘッドに変えています。

ベトナムは、とにかく水圧が低いので、シャワーヘッド変えるだけで劇的に生活が変わります。ホテルのシャワーはお湯がチョロチョロしか出ず、毎日シャワーを浴びるのが苦痛でした。

栄養補助食品


https://amzn.to/2Kbfkug

以下の記事でもわかる通り、ホテルの食事は栄養バランスとかあまり考えられていないので、気になる方は、栄養補助できるものを持参すると良いと思います。

隔離先ホテルでの食事を1つの記事にまとめてみました

マグカップ


https://amzn.to/2VWnVUv

私が滞在していたホテルでは、大きめのグラスが備え付けられていたので、水を飲むには全く困らなかったのですが、お茶やコーヒーを飲むための大きなマグカップがなく、ベトナムコーヒーを飲む用の小さなマグカップに何度もお湯を注いでコーヒーを飲んでいたので、大きなマグカップが1個あれば便利だったなぁーと思いました。

ちなみに最近ベトナムはエコに力を入れているので、カフェとかにタンブラーを持参するとそれに入れてもらえるので、蓋付きの持ち運べるものがあれば、隔離生活後も重宝しそうだなと思います。(あと瀬戸物じゃないほうが、割れる心配ないですし!)

コーヒー


https://amzn.to/3n2TA2m

毎朝、食事とともにベトナムコーヒーは出してもらえるのですが、やっぱり馴染みのあるコーヒーが飲みたい! という方は持参すると良いと思います。

(私は、持参して毎日小さなマグカップに入れて飲んでいました。)

ふりかけ


https://amzn.to/2W0dmzy

毎日の食事は選べないので、おかずが微妙だな…という時はふりかけをかけて食べていました。

ふりかけがあれば、大概乗り切れる!

パソコンを持参される方はケーブルに要注意


https://amzn.to/3gsxIeg

意外と忘れがちですが、日本のパソコンコードでは、ベトナムの電圧だと使えませんので、ベトナムの電圧にそったパソコン用AC電源ケーブルが必要です。

私は、出発の1日前までそれをすっかり忘れていて、慌ててベトナムの電圧にそったAC電源ケーブルを持参しました。

延長コード


https://amzn.to/3n1VwZ4

私は、隔離期間中もリモートワークをしていたのもあり、延長コードが必須アイテムでした!

ちなみに日本からは持っていかず、ベトナムに着いてから同僚に届けてもらいました。

Kindle


https://amzn.to/370sCCV

紙の本も持参したんですが、読みたい本ってその日によって変わってくると思うので、持ってきた本ではなくKindleで買った本とかも読んでいました。

あとは、以下の本を読んでいました。


https://amzn.to/3m9dibL


https://amzn.to/3qJ39WH

香りがするもの

これは、私だけかもしれませんが、ホテルに到着当初、香りがしないことが微妙にストレスとなり、石鹸の匂いとかシャンプーの匂いとか嗅いでいました。

多分、コロナだと匂いがわからなくなる、という事への不安できちんと匂いを嗅ぎ取れるか感じたかったんだと思います。

生理用品

隔離期間内で生理が来るのか来ないのか事前に把握しておくことが大事だと思います。

ただ、個人的には精神的な負担が大きいので、生理前とかの渡航は避けたほうがPMSと重ならなくて隔離生活も気持ちが楽なんじゃないかなと思います。

おまけ(自宅隔離に移るなら)

体温計


https://amzn.to/3gvXFcR

ホテルでは、だいたい決まった時間に検温してもらえるのですが、自宅隔離に移った後は、自分で体温を計って報告しないといけないので、体温計が必要となります。

…というのを全然認識していなかったので、自宅隔離後同僚に買ってきてもらいました。

スーツケース


https://amzn.to/2K4x8aK

荷物多くなるし、段ボールにしようかなとも思ったんですが、隔離ホテル→自宅への移動もあるので、スーツケースにしておいて良かったです。

ちなみに私が泊まったホテルでは、メインロビーが使用できず、ホテルマンが私のスーツケースを持って2階(実質天井が高いので3階ほど)から階段を下りてくれました。 

25キロのスーツケース2個! 運ぶの大変そうでしたが、頑張ってくれました。(ありがとうございました。)


少し前に4回目のPCR検査も陰性で、無事自宅隔離生活も終えることが出来ました!
…が、会社側から「心配だからあと2週間はオフィスに来ないでほしい。」と打診され、引き続きあと1週間ちょっと自主隔離生活を続けております。

1人でいることは意外と苦ではないのですが(あと自分の家ですし)、もともとあまり食事への優先度が高い方ではないので、熱中していると食事のこと忘れてしまいますし、食材が足りなくなる前にある程度早めに助けてくれる人にオーダーしないといけなかったりと考えることが増えるので、お金に余裕があればそのままホテルに泊まっていたほうが楽だったなと今は思っています。

…とはいえ、当時は8ヶ月間留守にした我が家がどうなっているのか不安で不安で不安で不安で仕方が無かったので、自宅隔離に切り替える! という選択肢以外は持ち合わせていなかったのですがw



この記事が気に入ったら、投げ銭をお願いします

最小15円から投げ銭可能! 皆様からのサポートが、励みになります。
ご支援ありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴7年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。