海外からも高い評価を受けている版画の工房に行ってきました。

この記事は約 3 分で読めます。

本日は、ハノイから東へ約30kmの所に位置するバクニン省のドンホー村にある版画工房をご紹介します。

ドンホー村とは?

ドンホー村では、海外からも高い評価を受けている『ドンホー版画』を制作しています。
この村で、版画制作が始まったのは、16世紀頃からだそうで、各家ごとに代々継承された版木を持ち、村全体で絵画作りを行っていました。

しかし、現在は村の人口約2,000人のうち、約50人が版画彫りに携わり、制作だけで生計を立てているのは2軒のみになってしまったそうです。

その2軒の工房を営むNguyen Huu Sam氏とNguyen Dang Che氏が、今でもその技を継承しており、彼らは、日本でいう無形文化財にあたる勲章を授与されたこともあるドンホー版画の第一人者です。

版画工房

こちらが工房の入り口です。今回、友人の結婚式でドンホー村を訪れ、こちらを案内してもらったのですが、情報を調べるまで博物館だと思っていました(苦笑)あんまり本題と関係ないですが、ベトナムの歴史的な建造物の入り口でよく見る獅子の置物をよく見ると子どもがいるのが好きです。敷地内もかなり広々としています。こちらの建物の中で、制作が行われています。ドンホー版画は、手すきの紙に柑子色やからし色などで下地を塗り、その上に多彩な色で手刷りされた多版多色の木版画です。

この鮮やかなからし色! 良いですね~。一枚一枚色を重ねていきます。
根気のいる作業ですね。
こちらでは、版画を彫っています。
工房には、古い版木も残されています。色合いがとっても素敵ですね!版画に使われている染料は、自然のものを使っているそうです。こちらは、実際にお土産が購入できる建物です。入ってみましょう!
室内ところ狭しと版画が飾られています。
版木も販売されています。とても繊細な造りです。海外でも人気が高いのがよく分かります。

今回私は、下記2点を購入しました。こちらは、猫の気をひいているうちにネズミが嫁入りするという絵なのだそうです。(友人談)
友人の結婚式に参加した思い出に購入しました。こちらは、商売繁盛の版画なのだそうです。(同じく友人談)
子宝に恵まれる版画などもあったのですが、これを選んでしまいました……きっとこれでますます商売繁盛できることでしょう!

この版画は、我が家に飾ってあるのですが、殺風景な壁が一気に華やかになります。
あと、丸めて持ち運べて軽いのも魅力です。


いかがでしたでしょうか? ドンホー版画は、ドンホー村の他、ハノイの美術館や書店などでも購入することができますので、興味のあるかたは是非!

工房情報

Tranh Đông Hồ- Nghệ nhân Nguyễn Hữu Quả
住所:Đông Hồ- Song Hồ- Bắc Ninh, TT. Hồ, Thuận Thành, Bắc Ninh, ベトナム
電話番号:+84 94 620 46 98
Homepage:https://tranhdonghonguyenhuuqua.business.site/
営業時間:7時00分~21時00分

ハノイ市内のドンホー版画専門店

Tranh Dong Ho
住所:16 Chân Cầm, Hàng Trống, Hoàn Kiếm, Hà Nội
営業時間:8時~17時半

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しております。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性があります。予めご了承ください。

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。

ABOUTこの記事をかいた人

Halca@Earth

宮城県仙台市出身。ベトナム・ハノイ在住歴6年目。 ベトナム在住そして、独身女性だからこそ書ける記事を提供できるよう日々奔走中。自称ハノイ美容マニア。趣味である各国の「民族衣装」撮影時にベストなコンディションで臨めるよう、日々新しい美容方法を試している。 本人はしっかりしているつもりなのに、度々変な事に巻き込まれる。地元の後輩からは『生きるコントby大宮エリー』と言われている。