ついつい写真を撮りたくなる!都内のおすすめベトナム料理店2選

この記事は約 4 分で読めます。

今回の記事は、ココナラ経由で依頼したライターparisparisさんに書いていただきました。アイキャッチ画像は、Snapmart/moron_nonさんの素材を利用しています。
画像と場所情報は、Viethich側で追加しました。

都会の隠れ家的ベトナム料理

kitchen

ベトナムを感じフォトジェニックも求めたい、そんな欲張りな要望をかなえてくれる店がある。


広尾と西麻布の間にある大人なエリアとアクセスは多少難ありだが、是非とも足を運んでいただきたいお店である。

知る人ぞ知る店は脇道の二階にある。
最近では芸能人のインスタなどでも度々登場するようになりなかなか予約は困難である。

さらに火曜日〜金曜日のみの営業のため仕事帰りに行かざるを得ないお店である。
二階に登るとそこは、ベトナムのようなしつらえの可愛らしいお店。

メニューはコースとアラカルトがあり、なんといってもお店の自慢はトムヤムクン鍋
予約の際にトムヤムクン鍋が食べたいと伝えないと食べられない。
いまはやりのインスタ映えする鍋である。

せっかくなのでアラカルトで好きなメニューをたらふく頼んでみよう。
パクチー好きならば香草サラダや生春巻きもおすすめ。
生春巻きは大きなサイズなので食べ応えもたっぷりである。
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)もボリュームがあり、美味しい。
頼みすぎると鍋がなかなかの食べ応えがあるので我慢します。

メインのトムヤムクン鍋はキノコ鍋や野菜、エビ、豚そして締めの春雨がのっており、お腹を空かしていてもまず最初のビジュアルを写真に抑えよう。
トムヤムクンのスープの中にまさにしゃぶしゃぶをするのでハーブが嫌いな人や辛いものが苦手は人は要注意。

食後のデザートには大好きなチェーを。
チェーを置いてるベトナム料理やはなかなかないのでとてもテンションがあがります。

是非大勢でシェアしながら伺って東京のベトナムを堪能してもらいたい。

kitchen
住所:東京都港区西麻布4丁目4−12 ニュー西麻布ビル 2F
電話番号:+81 3-3409-5039

ベトナム×フレンチを召し上がれ

An Di

いままでのベトナム料理を覆された新店が誕生した。
東京カレンダーをはじめ、度々雑誌に取り上げられている話題の店、An Diだ。

View this post on Instagram

@aeonr2921がシェアした投稿


店名はベトナム語で召し上がれを意味するモダンベトナミーズレストラン
外苑前から徒歩10分弱のアクセスはあまり良くないがこのストリートにはここせましと、有名店がひしめく。

andiは古い外観のマンションの二階にある。
階段で少し登ると狭いがお洒落な洗練された内観。
ザベトナム料理というよりフレンチにしてみたベトナム料理と言ったイメージの料理達である。

ワインリストも充実しておりワイン片手にフォークとナイフで楽しむお店だ。

まず頼んだのはティーリーフ、好き嫌いが分かれそうな味わいだが、見て楽しむにはとてもお洒落な一皿。

メインには人気の鴨を。
こちらもラベンダーソースや香草が添えてあり、ベトナム料理のイメージからは想像ができない一皿になっている。

女子会やデートにも使えるお洒落な空間で是非新しいベトナム料理を体感していただきたい。

An Di
住所:東京都渋谷区神宮前3丁目42−12
電話番号:+81 3-6447-5447
Halca
parisparisさん、記事作成ありがとうございました!
一時帰国で日本に行った際には、行ってみたいと思います!

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。