フォーや生春巻きだけじゃない!日本人の口に合うベトナム料理

この記事は約 3 分で読めます。

今回の記事は、ココナラ経由で依頼したライター水月(みつき)さんに書いていただきました。
近年、パクチー人気と共に人気急上昇中のベトナム料理。同じアジア料理でも、タイ料理や韓国料理に比べると辛味のないメニューが多いため、辛い物が苦手な人でも食べられる、という部分も人気の理由ではないでしょうか。

さて、ベトナム料理と言えば、フォー、生春巻き、バインセオ…このあたりが知名度を独占しています。しかし実は、日本でまだ有名になっていないベトナム料理の中にも、日本人の口に合うオススメ料理がたくさんあるのです。

こちらのページでは、「まだそこまで知名度がないけれど、日本人にはぜひ食べていただきたいベトナム料理」をご紹介します。ベトナム料理屋さんへ行った時やベトナム旅行へ行った時に見つけたら、ぜひ一度注文してみてくださいね!

蒸し春巻き(Banh Cuon)

生春巻きと揚げ春巻きは有名ですよね。では蒸し春巻き……食べたことありますか?中華料理の飲茶などではよく見かけますが、ベトナム料理の蒸し春巻きは意外と知名度が低い気がします。

でもこれ、皮がもちもちで、中にはコリコリするキクラゲが入っていて、上にはカリカリのフライドオニオンがトッピングされていて…と、たくさんの食感を楽しめてとっても美味しいんです。一口サイズで提供している場合が多いので、食べやすいのも嬉しいですね。

ブンチャー(Bun Cha)

ベトナム料理の麺と言えば何と言ってもフォーではないでしょうか。しかしフォー人気の影に隠れて、なかなか知名度が上がらずにいる「ブンチャー」という麺料理を、ぜひ知っていただきたいのです。

ブンチャーは所謂、つけ麺です。ちょっと太めの素麺に似た柔らかい麺に、つくね入りのスープ、揚げ春巻き、生野菜や香草、ピクルス、唐辛子などが付いてきて、これらを自分で乗せつつ混ぜつつ、いただきます。乗せる物によって風味が変わるので、ひつまぶしを食べる時のようなワクワクがあります。

ハノイ、オバマ大統領来店日の満1ヵ月後にブンチャー店に行ってみた

チャーカー(Cha Ca)

どんな食べ物か名前からイメージできない料理ですが、チャーは「揚げる」、カーは「魚」という意味です。脂の乗った白身魚を油で揚げ焼きにし、ハーブや野菜、細麺と一緒にいただきます。

熱々を食べるのが一番美味しいので目の前で調理してくれるお店も多く、食べる前からカレーやハーブの良い香りが漂い、お腹がすくこと間違いなし。一度食べたらやみつきになる味ですよ。

新・ハノイでベトナム料理を食べるならココ!Top Chefのお店Duong’s Restaurant

まとめ

知名度が低いベトナム料理の中にも、美味しい料理はたくさん。こちらで紹介したのはほんの一例で、他にもまだまだ、日本人の口に合う料理があります。

また今回紹介した料理の具やトッピングは、比較的メジャーなものを挙げています。お店によって異なりますので、お好みのお店を見つけるのも楽しいですよ。ぜひお気に入りのお店を見つけて、ベトナム料理を楽しんでくださいね!

Halca
水月(みつき)さん、素敵な記事をご作成いただきありがとうございました!

PR記事のご依頼お待ちしております。

当サイトでは、PR記事制作依頼をいつでも募集しております。